40センチ超級が大漁!有難いけど帰宅後の3枚おろし祭りは、軽い拷問。

今年も年初から年度末に向けて強烈な忙しさだったうえに、3月には震災が起こり「私が守るべきもの」にくっきりとした優先順位をつけさせられた春でした。
余震もまだ多く落ち着かない頃、4社コンペの受注が決まって新しいご縁が出来ました。そのお客様とともに盛りだくさんの課題を抱えながら節電の夏に突入し、気が付けばお盆も過ぎ、暦は初秋。

左:釣り上げたところ、体長40センチ!中:40センチ級がわさわさ。 右:ワタ出し後。下手だからどうしてもエラが切れてしまう

9月の三連休で、今年初めての船釣りに出かけてきました。9月はまだ暑かったせいか、念願の鯖は入ってきていませんでしたが、鯵の型は40センチ強。あっというまに50尾を釣り上げ、半分以上はBIGサイズだったので、大漁の喜びと消費方法の悩みに身もだえしながら帰宅しました。
なんたって釣り上げてみないことには釣果はわからないから、事前にお裾分けするメドもたてられず、あちこちにお願いして(?)差し上げながら、今回は友人を呼んで鯵パーティを開催!!

左:ぜいごをとり三枚に。皮をはいだのはお刺身用。中:酢じめの前に塩で30分 右:酢で〆ると変色。中骨を抜くとこ

先日言われて気づいたのですが、どうやら私は仕事を大義名分に振りかざし「夫にロクな食事をさせていない女」だと外部の仕事仲間に思われているようす。汚名返上に今回は釣った写真だけでなく、捌いて料理にするところをアップします!と思いきや。
いざ調理を始めると、手が忙しくてカメラを持ち忘れてしまってどんどん進む。いつものことながら、肝心の仕上がり料理写真がほとんどありません。ですから今回はお招きした友人「吉ちゃん」の撮影写真で発表です!

左:広島の純米酒「甘雨(かんう)」名前に一目ぼれ。中:左が3・3じめ、右が半日じめ。お気に入りの江戸時代のお皿で。右:〆鯵を酢飯で棒寿司に

ちなみに、ワタだしのプロセスは撮ったのですが、PCで見てみると予想以上にスプラッターな世界だったので・・・掲載は止めました。

左:塩焼き 見た目はともかく我が家の魚グリルは美味しく焼ける 中:北海道から秋味(鮭)を塩麹漬けで 鮭語らせると長いよ。 右:鯵の出汁茶漬け

こうして、釣って、調理して、食べて、呑む。。。

この面白さ、ほんと止められません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オリジナル牛模様デザイン【職人による手染め】手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです
手ぬぐいはハンカチより大きいから、真夏でもいつもさっぱりした面で汗が拭けるし
長さ1メートルのロングサイズだから頭にも巻きやすい!
★アイロンも不要!
★ほつれは数回のお洗濯で止まります!
★お土産やプレゼントにもぜひどうぞ!
★学校行事や、調理室での三角巾替わりにも!
1枚 2,100円(送料/消費税別)
※購入枚数が多い方、金額ご相談に応じます。
※オリジナルデザインも作れます!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から