先日、友人がぶっ倒れてしまった。
私の全く知らないところで(当たり前なんだけど)夜、会合に出席し、楽しく宴会。同席した皆さんと解散し、ひとり地下鉄のトイレで具合が悪くなり、駅員さんへSOS。救急搬送され、ICUへ。原因は脳の出血。。
倒れた翌々日、その日は日曜だったけれど本人からポンとlineメッセージが入った。私は所要で新宿におり、着信音にすぐ気づいてスマホを見た。本人からのもので、ありのままの状態が簡潔に記載されていて、その事態の深刻さとlineメッセの気軽さがあまりにチグハグで、何から手を付けていいかわからなかった。

不幸中の幸いで友人は出血量も少なく、ダメージもほとんどなかった。退院も早くリハビリも頑張っている。本当によかったけれど、聞けばここ10年以上も健康診断に行ってないという。50代半ばにもなって10年放置って。。。その勇気はもはや心臓に毛が生えてるレベルじゃなかろうか。病気が疑われるのは、この年代から始まるよね。

今年の前半、なんだかんだと調子が悪いと話していたのを聞いて、病院に行きなよ、と何度言ったことか。
でも「眼科に行ったついでに血液検査をしてもらったからいいんだ」と返答されて絶句してしまった。ちょうど同じようなことを仕事仲間との世間話で言われたからだ。

「健康診断に行きなさいよ。特に40代からは大事だからね。フリーランスで国保だって自治体のサービスがあるからね」と世話焼きおばさんよろしくガミガミ話していたら「大丈夫ですよ、ちゃんと血液検査はしてるんですよ」と。
血液検査ってそんなに万能なことになってるのかな。せいぜい数か月前の食生活内容が良かったかどうかを推察できる程度じゃないの?
外食と飲酒が中心の生活ではどこまで意味があるのやら。

やっぱり基本メニューとして身長・体重・血圧のほかに、視力・聴力、そして尿検査で腎臓を、便検査で大腸を、女性は婦人科系のチェックと乳がん検診。胃のバリウム。そして血液検査。できればプラスして超音波エコーで内臓チェック。せめてこのぐらいはやらないと。。

健診サボりさんはさらにこうも言った。
「風邪で病院に行ったら便秘の具合をいろいろ聞かれてさぁ。排泄物の形なんか、振り返って見ないよねぇ~!?」

見ます。私は、昔から便秘と下痢で悩んでいたせいか、90年代から腸内環境とうんちチェックが習慣づいている。便秘のときはチェックのしようがないけれど、色、かたち、そして量とニオイは健康チェックの基本だとおもっている。
(ちなみに、病気や薬を飲んでる人が出た後のトイレはややこしいニオイがします)

いいですかーこれをご覧の皆さん。毎日決まった時間に出る人はGOODです。色は明るめの茶系で(食べたものの色も影響します)、量はバナナ2本分、そして水に浮くのが最高のブツですぜ!

常々思っているのは、不摂生がたたって病気になって、生きてはいるけど働くのは無理、なんて宙ぶらりんなことになったらどうするんだ、です。

だいいち社会保障だって、みんなの税金が原資です。いろんな考え方があるだろうし「さんざん払ってきたんだから、ここで取り返す」と思う人の気持ちもわかるから否定はしないけど、私はそうなりたくない。
若い世代の負担を減らすには、今の年寄りのガマンと、私たち世代の健康維持がマストです。

「死ぬ前の日まで、普通に生活してたのにねぇ」と言われながら人生をおえたい。

こんな時代、ストレスいっぱいの毎日なんだから、健康診断はご褒美だと思って。年に一度は行きましょうね!みなさん!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

おすすめの記事