それは、12月25日のクリスマス夜にはじまった。

仕事を終え、日付が変わるちょっと前に帰宅すると、いつもゴムマリのようにはじけながら駆けて迎えに来るチャーリーがいない。
夜ご飯は作っている最中から二人でニャーニャーの大合唱なのに、この日は「おまけ程度」にやってきて、静かな感じ。
チャーリー、なんか変じゃない?と言いながらも、日付が翌日になり寝る。
翌朝土曜。オットは「いつもと変わらないよ」と、とっとと仕事へ行き、チャーリーはリビングのソファでとっぷり寝ている。

呼びかけにも、あまり反応しない。やっぱり何かヘンだな。。。
先週20日に予防接種に行ったので、それか?と病院へ電話するも、1週前のことなら考えにくいですね、という回答。

でも・・・寝姿の頭が自分の腕に乗っかっておらず、ダルそう。
だっこしても、でれーんと力が入ってない。
抱えてみると、気のせいかな、わきの下と鼻息がいつもより温かい。

夕方には会社に行かねばならず、この午前中を逃したら次は明日になってしまう。心配だから連れて行こうと予定をぐりぐり調整し、ちょうど出勤日だった友人の「猫タクシー」に迎車してもらい、毎度の荻窪「グラース動物病院」へ。

病院では40度ちょっとの熱があり、感染か、食べ物ではない何かを誤飲した疑い、とのこと。
「この子は、食べることにすごーく意欲的で、それについては案外賢いんですよ。だから、誤飲はちょっと・・・考えにくいです」
でも、親バカの意見など話半分だろうなと我ながら思う。

結局、半日検査預かりとなり、夜お迎えに行った。

検査の結果、白血球が通常の倍あり、十二指腸の動きが悪いので「十二指腸炎」「膵炎」「ウイルス感染」の疑いがあります(誤飲の疑いははれたけど)。でも検査結果の詳細は週明けの月曜にならないと出せないから、この週末は様子をみることしかできません、とのこと。
でも、猫は身体が小さいので、人間の時間感覚とは違い、胃が空っぽのまま飲まず食わずが続くのは内臓への負担が強いからと大事を取って病院に泊まることに。確かに家へ連れて帰ったところで、なにもしてあげられないし、この寒空の中、また外に出るのはかわいそうだ。

診察台に連れてこられたチャーリーは、我が家のキャリーバッグの中でぐったり寝たまま。お医者様と会話する私の顔を、たまに頭を持ち上げて見てくる。脱水しないように補液と、胃や腸を動かすための点滴栄養と、解熱用の抗生物質を入れて、様子を見ますとのことだった。

迎えに来てくれた猫タクに、とぼとぼ一人乗って家に帰る。運転手の友人が話し相手になってくれてよかった、一人だったらどうなってたか。しみじみと感謝し、実車中だけどスタバのコーヒーを無理やりご馳走する。

病院に連れて行くことにして良かったね、ファインプレーだったよと夜、家族会議。バズは、チャーリーがいないことに違和感がありそうな顔をしつつも、わりとマイペース。
うっかりドアを閉めてとじこめたり、しっぽを踏んだりしないようにと、床や足元を見るのが習慣になっている自分に気づき、チャーリーがいないとわかっているのに部屋のあちこちに気が行ってしまう。一晩がすごく長い。

翌日曜日。ものすごい重篤なことになってたらどうしようと涙ぐみながら、オットと一緒に病院の面会室で一晩ぶりに逢う。

「おれを家にかえせー」
201512-01.jpg



「おい、元気だからさ。見ればわかるだろ?」
201512-02.jpg



「ほら見て。元気でしょ」
201512-03.jpg



点滴が効いたらしくて、元気いっぱい。病院も個室で小一時間近く面会させてくれて、最後に先生が出てきて話を聞く。
先生「あの、、見てわかりますよね」
私「はい。ものすごい元気そうですね。」
そうなんです、調子がいいので、このままの調子でいけばいいですね。
ところが話の途中、先生に向かってアオーン!アオーン!と何度も鳴くので、異常に思って「どうしたのチャーリー」と抱っこしたら、私のお腹がだんだん温かくなってきて、先生が「あっ!」と叫んだときには、もうチャーリーのオシッコでびっしょり・・・・
我慢してたのか、だっこしてお腹を押したからか、一度出はじめたものは止まらないらしく、かなり長い間、私が抱っこしたままの診察台の上でジャージャーと出続けて、本人はあきらめ顔・・・。(笑)

検査の結果は月曜の朝に出し最短で当日夜出る場合もあるらしいので、明日月曜の夜18時ごろに、また来ることにして延泊決定。引き続きよろしくお願いしますと先生にお願いして家に帰る。出ていたオシッコは結構あざやかな黄色で、あれは点滴の色だね、とオット。バズは迎えに来たけど、なんだか一人暮らしを満喫してるみたい。

月曜の夜、仕事納めを終えてひとり病院へ。しかし猫タクも万が一の帰宅のため連絡を入れてスタンバイ。そして病院のプラスチックのキャリーケースに入れて面会室へやってきたチャーリーとご対面。
昨日よりさらに元気そう(笑)
聞けば、調子も良さそうで、「今朝から点滴のほかに口から給餌もしています。カリカリとウェット両方あげてますが、完食してます。ね?」(ね?はチャーリーに向かってる)
わりと不愛想な先生なのに、チャーリーの鼻先を撫でながら話しかけている。さすがチャーリー、犬並みの愛想のよさとこだわりの無さが彼のいいところなのだ。

「またここか。もう帰れるよ」
201512-04.jpg



「お、外に車がいるな。お迎えかな?」
201512-05.jpg



で、口から食事ができるし吐いてもいないので、いまから今日の夜の薬を飲ませてあげるので、このまま帰って様子を見てもいいですよ、と退院許可!
もしまた具合が悪くなれば年末年始開いてますから連れてきてください。それと、糖の数値が下がらないけど、緊張すると上がるので、そのせいかもしれずこのまま調子よくても、年明けにでももう一度連れてきて、検査はしてみたほうがいいと思います。

という話はもう半分ぐらいしか聞かず、「バンザーイ!帰っていいって!チャーリー♪帰るよ!!」きっと、一人寂しかったバズ山さんも喜ぶに違いない。ウキウキと薬をもらって入院代を精算して、猫タクに一緒に乗って帰宅。
「バズくーん!ただいまー!!チャーリーも帰ってきたよ~!!!」

ところが、さすがバズ。保護猫時代に「空気の読めない、ちょっとおバカ」と言われただけある。たった2泊3日でもうチャーリーのことを忘れたみたい。。。
顔を見ただけで「フー!シャー!!」に一晩。においをかいだり、至近距離に近づいて「シャー!!」に1日。チャーリーの端っこをペロッと舐めては思い出したように「シャー!」に0.5日。

いやー、チャーリーの病気よりも、この短期間にバズが忘れたことにびっくりした。トリアタマの猫やね~。。
君は弟だぞ!と何度も制するほどチャーリーに強気だったけど、少しずつ思い出してきたみたいで、今日の昼頃から平時に戻ったみたい。今夜は二人一緒に寝てくれるかな・・・・。

病院から、年内に結果が来なかったと今朝電話をもらって、結局、原因不明のまま年越しとなりました。うーん、言いたくないけど、原因はやっぱり膵炎つうより予防接種では・・・・。

私たち人間の世界でも、秋から仏事やそれ以外のゴタゴタがあり、家には寝に帰るだけで、まったく構ってあげられなかったのでストレスもあったろうし、急に寒くなったし、部屋も加湿忘れて乾燥してたし、、、、
でも、とりあえず2ニャンと2人、元気で年の瀬を迎えました。

今年も皆様、お世話になりました、ありがとうございます。
佳い新年を迎えてくださいね~!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
買ってよかった!スマホで遠隔操作する自動給餌器 カリカリマシーン®SP

ちょこちょこ食いだから置きごはんがいるけど、多めにあげると食べ過ぎるし
予定より帰りが遅くなると、空腹が長くて吐いてしまう・・・

●1回の給餌量を設定しておけば、外出先からワンクリックで給餌OK!
●1泊旅行にも行けるようになった!
●1台で1アカウントだけど、スマホにアプリを入れれば家族とシェアも!

買ってよかった、素直な感想
※外出先からうちのコを見てます →100%寝てますけれども・・・。
※マイクで話しかけることもできる →音質は、宇宙からの呼びかけ?並みのザーザー感
※日没後は何も見えない →タイマーで小さなライトを点灯させて解決!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から