スポンサーリンク

2022年になりました、1年があっという間ですね。年とともに時が経つのが早く感じるのは老化現象だと「時間学」の一川誠先生の本にありました。たとえば「1分経った」と思ったのに実際には「1分以上経っていた」のは、1分というスピード感を認識する感覚が衰えてるから、だそうで「もう1分を過ぎていたのか、早いなぁ」ということと同じだそうです。

 

私も、おそらく皆さんと同じように近年の加速的な時代の変化を感じていますが、やや消化不良を起こしていました。従来の日本社会にあった価値観は私の人生にとって不条理なだけで、そのままでプラスに作用するものは何一つありませんでした。女であり、地方出身者で、大した知識も学歴もなく、人脈もなく、若い。しかし誰しも過去の延長に今の自分があり、思考のプロセス上、過去を是認しないことには今の自分に説明がつかない。そうすると男尊女卑やモラハラをねじ込んでくるおじさん連中と同じ立ち位置になってしまう。いやいや、そうじゃない。このどうどう巡りのロジックに縛られて苦しい時間でした。

ところが感染症のおかげで世の中がポンとひっくり返ってくれて、今まで通りやらなくてもいい、どころか、やらないでくれと「大勢側」が言ってくれる。つねに端っこにいるマイノリティとしては初めてともいえる迎合でしたが「言われたとおりにやるってのは、こんなにラクだし、いいこともあるもんだな」と気づきました。

 

私が唯一、自分に誇れるものは「わたしの実感」です。20歳で社会に出たときに、自分の考えを他人へ説明するうえでの根拠が何もないと気づいて慌てました。どんな数にもゼロを掛ければ答えはゼロですから。それからは、深い新雪のなか大きな流れに合流するための一本道を作るイメージで、あてどもなく、やたらめったら踏み固めてきた感じです。

しかし30年も踏み続けるとそれなりに形を成していたようで、ひっくり返った世の中で、自分のなかではひっくり返らなかったものが歴然とありました。それら一つ一つの「手ざわり」みたいなものを、心のなかで慎重に確かめたり、消去法で絞り込んだり、信頼できる友人たちの意見を聴いたり、他人のふるまいを見て気づいたことなどをかけ合わせて、いろいろなアプローチで整理できた、そういう2021年でした。

 

今はSDG‘sや、持続可能性、地球温暖化という流行りのキーワードに帰結させれば何でもOKみたいなのが多くて、そういう屁理屈に自分の時間を費やすのはもったいない。自分の人生は、すべて自分次第。私はやはり凡人なりにも「創る人」であらねば。

 

2022年、私とご縁がある皆様におかれましては、心身ともにどうぞ健康第一で。みんなが明るく、楽しく、前向きに過ごせるように、せいいっぱい励みます。
どうぞ宜しくお願い致します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オリジナル牛模様デザイン【職人による手染め】手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです
手ぬぐいはハンカチより大きいから、真夏でもいつもさっぱりした面で汗が拭けるし
長さ1メートルのロングサイズだから頭にも巻きやすい!
★アイロンも不要!
★ほつれは数回のお洗濯で止まります!
★お土産やプレゼントにもぜひどうぞ!
★学校行事や、調理室での三角巾替わりにも!
1枚 2,100円(送料/消費税別)
※購入枚数が多い方、金額ご相談に応じます。
※オリジナルデザインも作れます!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から