スポンサーリンク

かつては「広告業界の常識は世の中の非常識」だったのですが、最近はおかしな企業も増えどっちもどっち、になってきました。特にIT系の「お仕事あげます」「お仕事ください」につながるサービスが増えてきて、目に余ります。あんなもので手っ取り早く仕事が増えて生活が成り立つなら誰も苦労しないよ。マッチングや検索というのは「条件定義をいかに行うか」が重要で、導き出される結果が全く異なるのだから。

マッチング系のサイトは分母(検索対象)が少ないと商売にならないので、サクラでもいいからデータを増やしたいはずで、当社がホームページ制作会社として勝手に登録されることも多い。昔からある雑誌のウェブ制作会社リストにうちは載っていたからね。でも、あのデータベースには了承したけれど、その後の世間にあるものは全部勝手に登録されたもの。でも、得もしないけど迷惑もこうむっていないし、登録件数は多いほうがいいだろうしと邪推して、基本的には静観しています。

 

ところが最近、当社の問い合わせフォームから自動返信されるメールアドレスを勝手に登録して、メルマガを送ってくるバカがいる。さらに「今後送信が不要な場合は連絡ください」という不届きな輩も増えてきた。とんでもない!場違いも甚だしい。みんなが平等に持つ労働時間を、自分への断り連絡に使うよう指示してくるとは、この企業は一体どういう社員教育をしてるのかと思う。このブログにたどり着いたみなさんも今後は是非そう考えてくださいね。連絡する時間があるぐらいなら、私は寝る時間に充てますよ。液晶で傷めた目を休ませるほうが、よっぽど自分のためになるのだから。

と思いつつ、しぶしぶ、断り作業を行うのです。。
それは「この一通を受け取りたくない」ということよりも、その先にある「受信を許諾したと理解されて、そのリストを先々応用される」のが嫌だから。

 

しかしこれ、断るにもいくつかのケースがあります。

 

【システムで断るリンクを用意してくれるところ】
まだ良心的。
メールアドレスと紐づいたシステムを置いているので、ワンクリックで配信拒否のアドレスだと処理してくれる。手軽。
でもこのような仕組みは20年前から普通に存在するので、そもそもこの用意がない時点でショボい業者だと判断してもいいと思う。

 

【解約したいアドレスの入力ボックスがあるところ】
契約もしていないのに、何が解約だよ、と私のような人間はここでも不愉快に思う。
けれど、これも会社というものを維持するために必要なコストのひとつ、だとポジティブシンキングでしぶしぶ行う。

 

【理由と一緒に担当者のアドレスに返信して】
これが最悪。
ほんとにほんとにほんとにほんとに、なんで私が?と思う。
不要な理由を考える作業まで私が負うんですか。しかも、タダで?
将来、万がイチ私から需要があっても、絶対にここじゃない会社に頼んでやる。いつもそう心に決めている。会社の大小は関係ない。「そんな日が来る頃には、どうせこの会社も潰れて無くなってるだろうけど」と思って留飲をさげている。

 

例外的なケースでは、断って配信が止まったのに、数か月後にまた来るやつ。
かつて一回だけ買い物をしたところ、毎週のように無用なメルマガが届く。閉口して断る。止まるけど、数か月後にまた来だす。また断る。いつのまにかまた届き始める。また断る。少しずつ間隔はあくものの、やはりまた来る。あまりにくどくて「こりゃ人間の仕業じゃないな」と想像したのはデータ管理の問題。
送信システムに登録するリストファイルを、定期的にバックアップでもとって何らかの事情で上げなおしてるのではないだろうか。それも「ずさんな管理」の一部なんだけど、流出や転用よりはマシ、ということなんだろう。配信1件につきスポンサーからお金をもらう配信業者もいるので「同業のよしみで我慢するけどさ・・・。改修してくれねーかな~。」と何度思ったことか。
ちなみにこのスポンサーは近年、安価家電ジャンルに進出しテレビCMも積極的な企業です。もちろん「二度と買わねーぞコノヤロ~企業」の一つです。

 

たかだか私一人ぽっちが「買わない」と決めたところで、彼らには痛くも痒くもない。
そんなことはわかっているけど、不愉快を自分で受け止めて、溜めこむのは腹が立つでしょう。今の日本は、いい人ほど損をするし、我慢を重ねるとすぐ病気になったりするんです。
だから独りでも闘うのです。大げさですけど、それでいいんです。私は個人企業なんですから。自分のケツは自分で拭って生きているのですから。。

皆さんに知っていただきたいのは、ITやシステムは便利なもので、良心的に設計して運用されているシステムもあります。陰には優秀な技術者もいて、やっすい予算で日夜がんばってること。一朝一夕に技術者は育たないこと。セキュリティにもいろいろあること。。。
そのために、使う側の「見る目」を育てることは重要ですね。だから私は、日々がんばってクソなシステムに抵抗するのです。心が折れない程度に。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オリジナル牛模様デザイン【職人による手染め】手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです
手ぬぐいはハンカチより大きいから、真夏でもいつもさっぱりした面で汗が拭けるし
長さ1メートルのロングサイズだから頭にも巻きやすい!
★アイロンも不要!
★ほつれは数回のお洗濯で止まります!
★お土産やプレゼントにもぜひどうぞ!
★学校行事や、調理室での三角巾替わりにも!
1枚 2,100円(送料/消費税別)
※購入枚数が多い方、金額ご相談に応じます。
※オリジナルデザインも作れます!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から