ここが知床半島の最東端 風が強いから木も生えず平坦に

少し遅めの夏休みをいただいて、北海道へ帰省し、ついでに足を伸ばして旅行してきました。
結婚したときにお義兄さんから頂戴した旅行券を活用して「世界遺産」を見にいこうと!
旅程は女満別空港へ飛び、レンタカーで網走~知床周遊、ドライブしながら釧路経由で札幌にもどる2泊3日。私たちの目的は「野生のヒグマを一目見ること」「釣り」「羅臼の美味いものを食べる」と至ってシンプル。そして何よりも雄大な自然に、都会で疲れた心と体をぶつけて癒してもらおう!と。

しかし行ってみれば、なんてことはない「観光地」でありました。
泊まったウトロは観光拠点のせいか、歩いてすぐのところにいくつかコンビニがあって、ホテルも、商店も、ネイチャーガイドも、観光船の受付も、みんな観光客対応に慣れきっていて・・・。それでいて商売に独自性をつけようとか、観光客の要望に応えてサービスを改善していこうとか、そういったポジティブに競いあうようなビジネス感は想像にもなく、こちらは浮世の垢を落とすつもりが、ガッサリこすりつけられて我に返ってきた、というような旅行でした。

左から「ヒグマ」(超望遠で頑張りましたが、3頭いるのわかります?耳が妙にかわいい)、エゾシカ、キタキツネ

左から「ホタテフライ」「サケフライ」「鹿肉ハンバーグ」(笑)鮮魚を食した感想は個別にお尋ねください

釣れたのは5尾。エゾメバル、アイナメ、カジカ、オオカミウオ

世界遺産登録されたあとの観光地化って、もしかすると震災復興における町づくり計画と視点は似ていて、自治体がしっかりしないとこうして自然遺産は消費されるだけで終わってしまうのではないかと将来が不安になった旅でした。

次に知床にいく事があるとすれば、観光はせずに解禁時のサケ釣りのにしよう!と夫と誓った「新婚旅行」でありました。

▼知床旅情:加藤登紀子
最初に出てくるトンネルを抜け、おーろら号の横をすり抜け、観光ボートが出たり入ったりする堤防で釣ってきました。
http://www.youtube.com/watch?v=YiqZH8Rl6Js

(飯島)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オリジナル牛模様デザイン【職人による手染め】手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです
手ぬぐいはハンカチより大きいから、真夏でもいつもさっぱりした面で汗が拭けるし
長さ1メートルのロングサイズだから頭にも巻きやすい!
★アイロンも不要!
★ほつれは数回のお洗濯で止まります!
★お土産やプレゼントにもぜひどうぞ!
★学校行事や、調理室での三角巾替わりにも!
1枚 2,100円(送料/消費税別)
※購入枚数が多い方、金額ご相談に応じます。
※オリジナルデザインも作れます!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から