芸人の闇営業は、業務基本契約の有無や、反社会勢力の見抜き方に話が広がっているけれど、本質は「ビジネスに、どこまでマネジメントを必要とするのか」だと思う。

マネジメントは時に「中間マージンを取るだけの人」と混同されがちだけれど、誰にでもできる仕事ではない。具体的にやることと言えば、関係者の時間とコストの管理といったものが縦糸になるが、顧客がどういうタイプかを見抜くセンスや会話を伴うヒアリング力が横糸として必要で、どのような能力の人が行うかによって結果が全く違うぐらい重要なもの。しかし今ではその価値を知らないビジネスパーソンも結構多いと感じている。

私のやってきた受託制作という商売は、受注したときは商品が存在しない。専門のノウハウを持った人間が集まって、請けた内容をチームで作り上げていく。これは自分の芸を呼ばれた先で披露する芸人とポジションが似ている。クリエイターや職人など製作を行う当事者だけでは揉めるだけで仕事は進まないし、どんな芸人を集めれば盛り上がるのかも本人じゃない人による組み立てが必要だろう。製作当事者というのは、自分がやるべきことに集中するし、他には気を回せないもので、それでいいと思うから。

今回のように「芸をする本人」が「見て楽しむ人」から直接金銭を受領するのは、隠れてやるケースが殆どだろう。足を運んだ先でこれはヤバいと気づいたとしても、立ち去るセオリーが無いまま時が過ぎ終わってしまった、小遣い稼ぎのつもりで軽率な判断をしてしまった、というところだと思う。後ろめたさが先に立てば判断が鈍るのは普通のことだ。相手の素性を見抜くというのは結構難しく、人間、目の前にいる相手をうたぐってかかるには、それ専門のアンテナが必要でもある。

この話、もし間に人がたっていたらどうだったろうか。今回は仲介者も同じく芸人の立場だったため単なる「横流し犯」として処分されている。もしマネジメントする人間が間にいれば、現場に赴いてみたら違ったとしても本人の責任は軽かったのではないだろうか。つまり間にマネジメントを立てておく方が、芸を発揮して収益をあげたい人には保険として機能するはずなのだ。問題はその必要性を認めたとして、そのコストを誰が負担するか。所属会社に負担する気が無いのであれば、個人で雇うぐらいの危機管理意識があってもいいのではないか。もう世の中はそのぐらい細分化されてきている。

これは個人の能力で商売する人には等しくいえることで、国会議員が専門秘書を雇うのと似ていないだろうか。彼らのギャラは税金だからよりシビアであるべきだけれど。
マネジメントやギャラ交渉、企画のすり合わせなど、本来ならそれぞれのプロが立つようなことが当人の器用さだけにゆだねられていて、間に入る人は「手数料」という名目にすり替えられたと思う。聞こえよく言えば「紹介料」とでも言おうか。ひと昔前ならピンハネとでも呼んだような「手数料」は、人を見る、ジャッジする、コントロールする、という役割の人が正当に受けるべき評価と報酬を軽くしてしまった。広告代理店の凋落ぶりをみれば想像に難くない。

一方で「横流し犯」の一味みたいな「自称コンサルタント」も増えた。コンサルがこんなに世の中にたくさんいるはずがない。「中間マージンを取るだけの人」というレッテルを貼られて職業自体が曖昧にならないように頑張るべきで、社会にもその違いを見分ける目を持つ必要がある。人材育成もしていかなければならないけれど、今の日本はそれどころじゃないんだろうなぁ。自分も含めて、行き場のない中年キャリア組が山のようにいるんだろう。自分には無関係な話だとはまったく思えないけれど、無力だなぁ。

こういう話題は、実は我が家の雑談では珍しくない。親子でこういう話をする、風変わりな家庭だった。今日7月10日は母の命日。父も母も鬼籍に入って話相手が居なくなって久しいよ。つまらないなぁ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

おすすめの記事