釣り船に乗るための小船に乗るところからスタート

遊び仲間で声を掛け合って、9名で贅沢な仕立船を体験してきました!
場所は佐島港。釣りをはじめて約13年ですが、初・相模湾です!!

鯵をベースに、ライトタックルの五目でイサキやハナダイ、イシダイを狙っていきました。こっそり烏賊も狙えるようにエギまで持参したものの、ウーン残念ながら鯵のほかは小さな鰯、サバでした。

今回は手動リール。深さ50Mあたりが多かったので、電動に慣れた弱っちい右腕連中には竿の上げ下げで既に拷問、肩バキバキ。

風があったのでかなりの“ドンブラコ”状態で、ちょっと大変だったかな(私は酔い止めを飲んで全く平気)。オキアミをコマセでばらまき、仕掛けは3本、エサはつけるなら3本目にのみイカタンで、という初めての方法。最初から五目しか狙っていない欲深いメンバーはたった1個のイカタンによるオマツリに苦戦して、熟練の釣り師仲間までが船酔いのハメに(笑)

我が家の釣果。鯵はつ抜けで、小鰯、カナガシラ。赤い金魚は何か不明。みんなの目がキラキラ☆

仲間うちで出船すると何が最高かって行きも帰りも運転手つき(笑)。いつもは魚と氷と水分で20キロぐらいのクーラーを電車で運んでましたが、せっかくのクーラーも今回は軽々。やはり力みすぎは良くないか。。

鯵のお刺身(購入したイシダイもこっそり

でも渋滞にも巻き込まれず、帰宅後はお刺身とテンプラと初心者の人達は鯵釣りを美味しく楽しんだようです。またがんばるぞー!

全員で釣った鰯。量よりも、こんな10センチ程度の魚を三枚に下ろすプロの技!さすが!

鰯は全部で30本ぐらいあったのかな。
私は外道担当だったので、後半は底を狙い実は水フグを釣ってます。
記念写真が仲間のカメラにあるのですが、船長が「食べられない」というのでリリース。
(後日ネットで調べたら、食べられそうなことが書いてあったけど・・・。)

鰯かとおもったらサバだった、ミニサイズ。奥の二枚がカナガシラ。そして金魚。

金魚(推測の魚名があったのですが、忘れちゃった)はちょっと苦味のあるお刺身でした。シッポが素敵な成魚を思わせるんだけどなぁ。

イシダイの鍋で、わかめのしゃぶしゃぶ。

季節は終わったけど、沖で取れた若布を購入。イシダイも一緒に買い(笑)お鍋に。わかめのしゃぶしゃぶ、美味しかったです~。

海のいのちを美味しくいただけることに改めて感謝した楽しい連休でした。

※お料理は店内撮影なので、ちょっと画質が粗いです。

(飯島)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オリジナル牛模様デザイン【職人による手染め】手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです
手ぬぐいはハンカチより大きいから、真夏でもいつもさっぱりした面で汗が拭けるし
長さ1メートルのロングサイズだから頭にも巻きやすい!
★アイロンも不要!
★ほつれは数回のお洗濯で止まります!
★お土産やプレゼントにもぜひどうぞ!
★学校行事や、調理室での三角巾替わりにも!
1枚 2,100円(送料/消費税別)
※購入枚数が多い方、金額ご相談に応じます。
※オリジナルデザインも作れます!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から