先週は、なんと3回も全力で走る機会に恵まれてしまった。

ひとつは朝のバス。30分に1本しかないバスが1分後に来ると分かり、約300メートルをブーツで全力疾走。みなさん似たようなものでしょうけれど、気持ちは5歩ぐらい前を走っているのに足がもつれて付いていかない。昔読んだドラえもんの話で、体を上下二つに分けると、ママに頼まれたおつかいに下半身だけが行ってくれるという話があったが、全力で走りながら、違うところへ勝手に歩いていく下半身のビジュアルが頭に思い浮かんだ。

その日の午後、仕事でむかったビッグサイトから、どうしても1時間以内に代々木上原へ戻らなくてはならなくなった。1時間後にはオフィスのデスクに座ってなければならない。どう考えても駅から歩く時間が捻出できないため、いくつかの乗り換えをすべて走って予定の「1本前の電車」に乗り続けるという“時間荒稼ぎ法”しかなく、さらにJRが遅延ときたもんで地下鉄4路線の乗り換えを疾走。ゼイゼイハアハアなんてもんじゃない。冬の路上じゃないから喉にはやさしいけれども、ここでもやはり、足がもつれて付いてこない。

翌日、打合せの時間に間に合うよう準備していたら一本の電話が来てこれが長引く。お客様に「出かけるから後にしてくれ」とも言えず、切って時計を見ればピッタリ乗車時間しか残っていない。乗車駅までの時間、下車駅からの時間がまったくないので、走るしかない。

この3疾走目の翌朝、ベッドから起きて歩き出したら3歩目で腰がくずれ落ちた。なんとお尻の右ほっぺたの部分の筋肉痛。しぜんと悲鳴も漏れ我が猫もビックリ、である。
あーあ。遅れてきた筋肉痛は年相応だけども、どこにくるか分からないとなると、もはや運動不足のレベルを超えているじゃないの。。

そんなお尻痛の状態で迎えた週末。

私は財産を遺す子どもがいないので、私にとっての家は住むための道具であり、使うモノ。そう、消耗品として割り切っている。
掃除も、自分が気になる範囲しか手が回らないので、夏しか使わないエアコン掃除は概ね2年に1回ダスキンさんに依頼している。今年も秋から連絡してみたけれど、なんと予約でいっぱいらしくあれこれ調整してやっと入れてもらって今週末の決行となった。当時、若気の至りで自分で塗った安物の床ワックスの剥離がひどく、もはや汚れだか傷だかゴチャゴチャしててよく判らないのも気になっていた。10年経ったことだしと都合のいい理由をつけて、リビングの床掃除&ワックスも一緒にお願いした。

当日、家庭用の機械で汚れを削り取りながらワックスがけをしてもらう。驚くほど超ピッカピカになった。新品にはならないけども、とにかくとても気持ちがいい。汚れが綺麗にとれたおかげで、傷もきれいに目立つようになったというオマケつき。

翌日はうちの長男チャーリーの予防接種。従来の病院では血液検査の数値だけで腎不全と言われてしまい、どうにも腑に落ちない1年を過ごしたので、セカンドオピニオンを求めて新しい動物病院へ行ってみた。6キロを背負って15分歩く道のりは、尻痛には辛い行軍だった。診察してくれたのは若い先生だったけれど、とても前のめりに説明してくれて、とても良かった。最新の論文を読んでいるようで知見を得ることに意欲的な姿勢が伝わってくる。検査法も新しい技術を加味して診断基準を提案してくれる。若いっていいな。ここでもう少し調べてもらうことにして、また来週行くことに。この縁もごほうびだといいな。

猫は自分で生き方や病院を選べないし、ことチャーリーに関しては、飼い主をはじめ人間には全幅の信頼を置いているのが見てとれる。つじつまの合わない説明を聞いて、面倒だから納得しておこう、では飼い主としての責任放棄になってしまう。せっかくいい医師と出会ったのだから、チャーリーが、猫らしくベストなニャン生を送れるように私もきちんと向き合って考えようと心に誓った。がんばって病院に連れて行くから、もう少し痩せておくれ、チャーリー。