新規事業のお手伝いをさせてもらっているお客様との打ち合わせで大阪へ。
細かいニュアンスはメールでは難しいので、と話を聞きに行くついでにひとり大阪ぐるめ。

京都在住の友人から「大阪は、やはり“食いだおれ”の名前に負けず、何でもおいしいよ」というアドバイスをもらい、こう見えても「一人外食」はちょっと苦手なため、短時間でひとり頑張れる「たこ焼き」にロックオン。

偶然にもホテルの目の前が美味しんぼで取り上げられた会津屋だとわかり、朝食代わりに徒歩でたこ焼きランチ。上質なタコ刺しにも驚きだけど、オリーブオイルでいただく意外さ(イケる)。


たこ焼きの前身「ラヂオ焼き」。牛すじ入りは素朴な味わいで、新鮮な驚き。




こういう看板は、解りやすいから仕方ないか~。




梅田周辺をさらに物色して、ネギマヨ有名店「はなだこ」へ。
ラッキーなことに行列はなく、注文して店先で待つこと数分。
一番少ない6個入りでも2件目なので見た瞬間は軽く後悔。ところが食べ始めるとマヨがさらりとしてて、ネギにはシャクシャクとした触感以外はエグみも苦みも変なにおいもなく、手が止まらん。。細いカウンターごしに焼き手の目の前で立ったままガツガツと食べ進む。マヨが顔につこうが鼻につこうがお構いなしで一気に仕上げたら楽しくなってきて、これが大阪、たこやきの面白さなのかなという気がしてきた。


昼間のススキノみたいな「お初天神通り」を抜けてやっとたどり着いた店はナント閉店で跡形もなし。がっくりして阪急三番街のぶぶ亭にてラストたこ焼き。
(マヨは自分でかけた。歩き疲れた気持ちがよく表現されてます。。)



関東は外側を油でカリッと仕上げて中がトロトロというものばかりで私は苦手。
1個全体がフニャとした中に紅ショウガが混じってるのが一番の好みなんだけど、そのせいか、大阪のたこ焼きはどれも予想外においしいものでした。
おだしの味がジンワリきいてて、塩味もまろやか。何よりも、ソースとオカカとマヨネーズがこってりのってて「これなら土台は何食べても一緒やん」という食べ物ではなかったことに一番驚いたのでありました。ソウルフード、恐るべし。

(飯島)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オリジナル牛模様デザイン【職人による手染め】手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです
手ぬぐいはハンカチより大きいから、真夏でもいつもさっぱりした面で汗が拭けるし
長さ1メートルのロングサイズだから頭にも巻きやすい!
★アイロンも不要!
★ほつれは数回のお洗濯で止まります!
★お土産やプレゼントにもぜひどうぞ!
★学校行事や、調理室での三角巾替わりにも!
1枚 2,100円(送料/消費税別)
※購入枚数が多い方、金額ご相談に応じます。
※オリジナルデザインも作れます!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から