高齢になっても運動を欠かさず健康維持に努めましょうという「ロコモ」。
ここ最近テレビでもよく見かけるけど、元気な年寄りを増やさないと保険費がかさんでしょうがない、という厚生労働省の腹積もりも多分に含まれている。ピンピンコロリは、本人だけでなく、周囲さまざまにいい話ですね。

でもこの話、実は運動するのと同じぐらい重要な「食べること」が割愛されていることが多い。

「毎日ずーっとテレビの前に座っていて、週に1回買い物のため出かけてついでに外の空気吸って、往復で徒歩20分の運動です、だって年だから食べる量も減ったしねぇ~」なんて生活はダメだということ。

運動とは言えないレベルででも体を動かして、お腹を空かせ、食べて栄養を摂取し、余分なものを排泄する。休むことで心身の活力を得て、また動くエネルギーが生まれる、人はこのサイクルを日々継続していないとならない。書くと面倒なことにも読めるが、要はふつうの人生。
逆になぞると、動かない→空腹を感じず食べない→栄養が足りなくなる→消化するために必要な体力も減る→栄養を吸収しにくくなり、体に負担がかかる→食べるのが苦痛になる→動かない、というように、実によくできた負のスパイラルをゆるやかに下り続け、悪循環へようこそ、となる。食べるということはすごく大事なのだ。

この話を、体調をくずしてからの母へこんこんと説いたが、遅かった。
人は元気で栄養が体に回ってないと、マトモに話が通じません。

戦中・戦後で食べることにそれなりに苦労したはずの母は、産地や鮮度にはこだわっていたけれど、その割には食べることをさほど重視しなかった。食べたものでからだが作られている、という原則が抜け落ちていたように思う。
母自身も、気がのらなければ食べなくてもいい、そうしたら太ることもないしね、という考えがどこかにあった。
昔は家事全般に熱心で、家はいつもすっきりピカピカ、子どもや夫、義母(私の祖母)に食べさせる「仕事」にとても一生懸命な人だった。だから晩年になって母の食に対する考えに気づいてエーッと驚いたけど、60半ばで父を失い、初めての独り暮らしを何年も経験したのだから、変わらない人間のほうがおかしいよなぁとムリヤリ理解を示してしまった。

それが良くなかったと今ならわかる。

入院すると、ぬるくて(冷めてて)、においもイヤな、まずい病院食を、味気ない食器で毎日 3度も食べさせられて苦痛だと言っていた。あったかくも冷たくもないものを食べるのは辛いのだという。確かにある日の入院食は(夜)俵に小さく握ったごはん2個、煮野菜?と白身魚の切り身の半分の煮つけ。ストローをさして飲む栄養補助ドリンク。全てぬるい。これでは健常者でも萎えるし、そもそも自宅で作るような献立を、わざわざ他人の味付けで供されて病人の励みになるのか。

だからといって、食べないと言い出すのは想定外だったけど。

筋肉を作るのはたんぱく質だから、肉・魚・卵などをバランスよく食べなくてはならない。
特に高齢になると全体的に機能が衰えるから、つまり消化吸収効率も落ちるので、一日の基準摂取量を守るとすれば、じつは3食きっちり、しかも朝から肉を食べないと追いつかないとも聞く。確かに100歳越えの元気なおばあちゃんが「スキヤキが大好物」というような話もよく耳にするし。
ちなみにお肉が苦手な人も、牛乳やヨーグルトでもたんぱく質は摂れます。肉食よりも体へ負担がかからないので、私は何度もポタージュを作って母の入院する京都へ運んだけれど、これがまた牛乳嫌いな人で、、、。

還暦を迎えたら人生も一巡したと考え、いままでの食や生活を見直すべき。
急に精進料理とか殺生禁止とかベジタリアンとか言い出さなくても、ちょっとの工夫でいいはずなんです。
それも「元気なうちに」始めて、なんとか習慣化するところまで頑張る、これが重要です。難しいんだけど。
どなたか、いい方法知りませんかね?

(飯島)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オリジナル牛模様デザイン【職人による手染め】手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです
手ぬぐいはハンカチより大きいから、真夏でもいつもさっぱりした面で汗が拭けるし
長さ1メートルのロングサイズだから頭にも巻きやすい!
★アイロンも不要!
★ほつれは数回のお洗濯で止まります!
★お土産やプレゼントにもぜひどうぞ!
★学校行事や、調理室での三角巾替わりにも!
1枚 2,100円(送料/消費税別)
※購入枚数が多い方、金額ご相談に応じます。
※オリジナルデザインも作れます!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から