若いころ他人のアドバイスはうっとうしい!と思っていた。そのアドバイスの6割は「オレ自慢」がちりばめられ、内容は辿ってきた出来事をなぞるだけなので、参考になるよりは聞かされるうっとうしさの方が勝っていた。アドバイスという名の「体験記」だから、それがよく聞けばバブル時代のことだったりすると、自分の悩みの根底にあるデフレスパイラルテイストとはあまりにかけ離れていて、腹が立ってくることすらあった。

あれからかなり時代も進み、気づけば初めて聞く新しいことや、従来の価値観では計り知れないことがかなり多くなった。webの仕事をしていると、ほぼ毎日のように過去の価値観を強制終了させないと仕事が進まなくなった。毎回いちど死んだ気になって気持ちを再起動している。おかげで他人のアドバイスを聞く機会が激減した。私の周囲は、私が疑問に思うことの答えを持っていないし、そもそも私の疑問の意味を理解できる人も少数派だ。34歳で会社を興して15年経った女が感じる疑問なんて、人に答えを聞くような筋合いのものはほとんどない。

ところが、こんな日常でも無性にアドバイスが欲しい時がある。今回、このブログのリニューアルをすべて一人でやってみた。我ながら、やればできるじゃん!と自分をほめてあげたい。私はサイトの作りやプログラムの使い分け、サーバーの環境などについては「概論」の知識しか持たないけれど、立ち位置はほぼフロントエンドのはずで、クライアントや素人さんへの説明に困るようなことはほとんどない。

しかし、いざ分からないことに直面するとかなり困った。私の疑問を解決できるのは技術者しかいないから。しかし彼らとの会話には随所に技術用語が入ってくるので、日本語と言えども意味が分からないことも多く、聞いてるこっちにはほぼ外国語みたいなもん。パソコンの使い方をおじさんに聞かれて親切に「Cドライブにね・・・」と説明し始めたところ「アーもう!そういう難しい話が聞きたいんじゃないの!」とキレられて「え?ここでもうダメ?」と苦笑いするしかなかった経験をお持ちの方も多いと思う。あの逆ギレする側の気持ちが唯一理解できる瞬間だ。

技術者は自分で勉強してプログラムを自ら書くのが仕事だから、教えることは得意じゃないしもちろん仕事でもない。けれども理論で心を整理できる人だから、みんな気が長くて親切で、いつまでも尋ねる限り答えてくれる。長々と自分の要領を得ない質問で拘束するのは申し訳ないからと、なるべく短くしたつもりだけれども込み入った、たどたどしい質問にも、美しいほど簡潔な言葉が返ってくる。簡潔で短かすぎるあまり絶句してしまうことすらある。これは誰を相手に何を聞いてもおしなべてそうだ。ここで人間のタイプが違う職業であることを実感する。

これからは、いろんな人の目の前にある技術的に困った現象を、適切な技術者に相談するコーディネーターが必要になるのだろう。きっと私もそういう役割を担っていくような気がする。最近ではこちらの置かれた状況をヒアリングできるコミュニケーションに長けた技術者も増えてきているので、頼もしいし、ものすごい進歩だと思う。 でもいまは困ってる人の大半がかつての「オレ様アドバイス」しかできなかった先輩世代なので、正直なところあんまり関わりたくない。彼らが我が身を振り返って気づくような時間すら与えられないスピードで、世界はこれからもさらに変わっていく。

私より若い世代はきっと、オレ様世代の疑問の意味が理解できないから、相手にしなくなるのは火を見るよりも明らか。 私は技術者に相手してもらえるように勉強しながら、オレ様世代にマウントされるという運命世代なのかなと思う。この板挟みから解放されたいと願ってるんだけど、それは職業病なんだよ、と片づけた方がいいんだろうか。誰か教えて。

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

おすすめの記事