10月は、なんだかドタバタ。
15日には東京に来た時からの縁で、もう20年近い付き合いの「東京の兄」が、開店30周年のパーティを開くという。
例によって会場撮影係も引き受けながら、渋谷にて昼からしこたま飲む。

気持ちが落ち着いたこともあり、健康診断(プチ人間ドック)の予約を入れたら何と年内に入るかどうか!という大盛況ぶり。
キャンセル空きが運よく手に入ったけど、10月18日。よりによって昼酒の3日後か・・・最近お酒も抜けが悪いんだよなぁ、と悩みつつも、他の空いてる日時を調べてもらうのが面倒くさくなって決める。
胃バリウムだから、前日の夕食時間からあれこれと準備がいるため、仕事の片付けも計画的に。
それでも健康診断は1週間前ぐらいからいつも緊張してしまう(笑)

健診を首尾よく乗り越えた週末は台風、選挙、そしてボクシングとにぎやかさも極みの中で、オットの父の3回忌があった。
能登へ弾丸日帰りの予定で、当日は未明に起床し彼の家族と合流して羽田に向かう。寝坊はもちろん、すっぴんも寝ぼけ顔もさらすわけにはいかず、かなり前から緊張していた。
しかも、喪服がきつくなったけど入るかしら。最近急に寒いけどお天気はどうかな。この季節は黒コートが無いし、雨靴で空港を歩くのはやだなと思っていたら、現地の悪天候により前日中止となった。

せわしない日々の中、ぽっかりと空いた21日は10年目の結婚記念日。
夜オットと「東京の兄」の店へ食事に向かう。
ここは私たちの結婚式の二次会でもお世話になった店。ここで知り合った共通の友人・知人はかな~り多い。

当時、私たちの挙式・披露宴に列席してくれた店主は、そのまま二次会での貸し切り営業も行い、そして翌朝は始発で宮古島に仕入れに旅立つという。これじゃ寝る時間もないだろうと皆が店主に気づかい早めに解散したところ、閉店後の未明に隣家が火事となり、気の毒に店主は第一次発見者として高齢の母と二人、消防を待つのももどかしくバケツリレーで鎮火まで頑張ったという。消防車と野次馬には自分の家が火事だと誤解され、一生懸命訂正した・・・・
面白おかしく話してくれるので、こんなエピソードがついてくるとは、いったい誰が「持ってる」のかと、みんなで笑い転げたけど、もし火事が1日ずれて、旅立ち後の出火だったとしたら・・・間違いなく自分の店も消失していただろう、というのは、やはり兄自身の運の良さ、だよね。あれからもう10年かぁ。そう、10年目は錫婚式。

わたしは錫のお猪口を使っているけれど、手になじむやわらかさを持ち、雑味を消すためお酒の味がストレートにわかる機能を持つ。すごくいい、おすすめ。
柔軟でやわらかいのは、つまり衝撃によわく曲がりやすいってこと。
雑味を消すということは、つまり緩衝することなくストレートに伝えるということ。
うん。この、言わんとするところ、わかる。
10年かぁ~長いなぁー・・・と思っていたけれど、人類が紡いできた10年目という評価は、そう長くもなさそ。

呑みながら「俺たち、年齢的に金婚式は無理だけど、せめて銀婚式までお互い健康でがんばろうね、25年だよ!」
およそ計画的な行動とは縁遠いオットが、なんと25年も先のことをニコニコと言い出した。
いつになくきっぱりとそう言われて、少し面喰いながらも七賢と八面大王をすすり、これから15年の健康を誓った記念日でありました。

(飯島)