FBにアップすると、ブログへの書き込みを忘れてしまう。。今日は久々のいいじまヨタ話です。

釣竿と海

鯵・鯖釣りだけは通い始めて10余年?
良くも悪くも釣果はそれなりに見当がつくので「魚をお腹いっぱい食べてみたい」という知人を誘ってみたけれど都合があわず、オットと二人でのんびり気分で釣りに出かけた。

ところが、当日は朝4時起き、5時前出発なのに、なぜか夫婦そろってお腹を壊す(笑)。
季節はずれの温かい日が続き、テーブルに放置して出勤した食品の何かにあたったような。。

早朝は電車の接続がただでさえ悪いのに、乗り換え途中に何度もトイレに走って、出船時刻ギリギリに到着。船長に怒られる。
お互い相手へ文句をたれながら、あわてて身支度して、平謝りして船に飛び乗ると、これがまたいつに無く大混雑。ざっと片舷に11人ぐらい並んでる。。。

上がサバ、下が鯵。数年ぶりのサバとの出会い

中乗りさんが、進みだした船の上で竿のセットをしてくれる。
「ヒラメの方ですよね?」(→2012年の竜宮城

声を聞いて、あっそうだ!と思い出す。
あまりの喜びにもう一度書くが、鯵のしかけでオットが3キロ程度のマトウダイを釣り、私が5キロ弱のヒラメをあげたとき、タモを持って帆走してくれた方である。

いい目を見たことを思い出すと、無駄な力が入るんですよね~。
しかしそれ以上に、今回は調子が悪かった。
7時半から乗ってるのに、周囲も含めて10時まで誰にも何もかからず。

三枚におろしてまずは塩

釣りは短気が向いているというが、隣のおじいちゃんは釣り糸を垂らしては「ベタ踏みか」の勢いですぐ巻きあげるので、耳をつんざく炸裂音が何度も響き渡る。ちょっと!その轟音で鯵が驚いて逃げるじゃないの!と言いたい気持ちを隠しつつ。。

愛用の出刃を研ぎに出してまで準備万端の割には、釣果は15センチぐらいのかわいいサイズで20ぐらい。しかし、私は釣りのおかげで青背の魚をおろすのはかなり上手くなった。
鯵とサバは塩と酢でしめ、酢飯と一緒に巻き鮨に。なんと鯵棒鮨3本、サバ棒鮨1本の大作。(スマホ写真は天地を見失いますね、しかも乾いてみえるかな)
小さい鯵は南蛮漬けに。骨も一緒に揚げて骨煎餅。
一匹ずつ塩焼き。本当は一夜干しにもするつもりだったけど、数が足りない。。

三枚に下ろした後そぎ切りにして、まきすでぎゅうぎゅう。鯵の棒寿司にチャレンジ

じつは一回だけ海中と格闘があった。間違いなく何かのアタリだ、とオットとふたりで外道を思い浮かべて超期待するも、海面に見えるはまたホシザメ。これなら要らん。とあげるのを止めるわけにも行かず、二人とも押し黙ってタモあげ。こういう粛々と進める作業のときは、夫婦の呼吸はよく合う。

オット「どうする?」
私「えっ。。?どうする?って?」
オット「これ、もって帰る?」
私「だって前にマスター(いつもお世話になってるお店)が持って帰ってこいって言ってたじゃんか」
オット「そうだけどさ。。。この釣果で(店に)行く?」

きっと「未必の故意」ってこういうことなんだろうなー。捨てたいとは思ってないけど、もって帰るつもりも無かった、なんちゃって。なんやかんやでドボンとリリース。

案の定、後日こってり怒られました。私の言ってることの意味がなぜわからんのかと(笑)
お金で買えるような魚は、買えば済むんだから。釣りの醍醐味は、市場に出ない美味と出会うことだよ!!

そうでした、そうでした。釣りは「美味との出会い」がテーマだったのでありました。
みなさん、初心忘るるべからず、ですよ~。

また近いうちにリベンジに行こう。
先日カワハギとフグのホバリングの面白さをいろいろ聞いて、ちょっと興味が湧いた。
丘からの黒鯛も誘われたので、新しいチャレンジも面白そうだ。

(飯島)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オリジナル牛模様デザイン【職人による手染め】手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです
手ぬぐいはハンカチより大きいから、真夏でもいつもさっぱりした面で汗が拭けるし
長さ1メートルのロングサイズだから頭にも巻きやすい!
★アイロンも不要!
★ほつれは数回のお洗濯で止まります!
★お土産やプレゼントにもぜひどうぞ!
★学校行事や、調理室での三角巾替わりにも!
1枚 2,100円(送料/消費税別)
※購入枚数が多い方、金額ご相談に応じます。
※オリジナルデザインも作れます!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から