新宿には百貨店が過剰と呼べるほどたくさんある。小田急や京王のほか、タカシマヤや伊勢丹のほかに、マルイがあり、ルミネがあり、エストがあり、ニュウマンがある。いずれもフロアが5~10床程度あり、衣料品をはじめ国内外のメーカー品を定価で販売している。品ぞろえにややポリシーがあるものの、従業員が接客してくれる。どこも似たり寄ったりで、違うのはポイントグループと紙袋ぐらい、どこで買っても同じ内容、同じ値段。それでも私は「休日は家族そろって百貨店へお買い物」という世代なので、百貨店は便利だと思っていたし、品ぞろえに頑張っている店は心から応援しているし、どこで買っても同じものは、応援する百貨店でわざわざ買うようにしていた。

ところが4月7日の緊急事態宣言の翌日いっせいに全百貨店が休業に入った。休業要請される業種は何か?といった予想がまだ街中に飛び交っていたころ。ちょうど季節が変わる時期でもあり、初夏に向けて新しい靴下やワイシャツを買わなきゃ、化粧品の補充もしなきゃ、畑用の帽子もほしい、と、あらかじめ休業と分かれば買っておきたいものがいろいろあったのに、なぜ翌日一斉に休んだのだろう。この気の利かなさ、客商売としては致命的じゃないだろうか。せめて休業は2日後以降、という考えはなかったのか。ああも率先して休まれると、自らの存在を「不要不急」と高らかに宣言したいのだと、想像力の無さを感じてしまうし、誰の顔を見て商売しているのかも、少なくとも客ではないことがその後の一か月をみれば分かる。長らくの百貨店愛用者としては残念な気分を味わった。

それでも根が都合よく考える性質なので、あまりにみごとに全店休業に入ったために、この機会に各店改装や清掃、あるいは従業員教育でもするのかな?と思った。電車のクレゾール臭に辟易していたせいもある。私はハウスダストアレルギーで見た目ピッカピカのオシャレな空間でも空調設備の清掃が行き届いてない建物では滝のように鼻水が流れだすというセンサーがおもしろいほどはたらく。その期待も込めて閉店休業中の建物前を通ってみても中に人の気配はなく、どうやら完全にただの閉店のよう。
お客様の中には困ってる人がいるんじゃないか、ということを、どこの百貨店も思わないんだろうか。

次に、口うるさい従業員が休業を主張して押し切られたんだ、とおもった。失礼ながら、派遣社員が多そうな業態だから「休業したらギャラも払わなくていい、それは渡りに船」と経営陣がうっかりそう考えてしまったのではないか。というのも平日の日中は、新宿のどの百貨店も近年ガラガラで、それはコロナに始まったことではない。従業員の方が客よりも多い店も珍しくないし、ましてや当時、観光客は入国時に足止めをくっていたし、爆買いの主役たる中国人も激減し店内は閑散としていた。よもや「お客様の健康のために」なんてのは計算に入っていたはずもない。
そうしたら4月下旬あたりから地下食品街が開き、さらにビックリ。デパ地下こそ密じゃないの?物産展とデパ地下は「汗だく」のイメージよ。

本当にお客様のことを考えていたら、輪番で開けるぐらいのことを思いついたっていいのに。
あれだけ一斉に足並みをそろえて休めるなら、開けられるだろう。月曜日は小田急、火曜日は京王、水曜日はルミネが開いてます、ってやればいい。紳士服はマルイ、婦人服は伊勢丹、家庭用品はタカシマヤ、でもいい。どうせ似たようなものしか並んでないんだから。

ちなみに、ネットで買う方が都合がいいものはとうに切り替えているので、今さらバッグに入れて持って帰れる数千円のものを、アマゾンや楽天から送料をかけて買う気になれないのは、狭量ではなく良心だと考えている。ゴミの日に段ボールが大量に出たり、空気のようなパッキンを一つずつ割って捨てるとき、改めてその梱包材料費や手間賃について環境保護の視点から迷う。送料無料は、配達の人たちに日々お世話になっているため、労働の対価が手に入らない社会構造の後押しをしたくない。配達日と在宅日を合わせることもそれなりに気苦労が伴う。だから百貨店の経営陣がそう思っていたかどうか知らないけれどもネットで買うというのは代替たりえない。でも全く別次元の問題として百貨店のオンラインショップもみな一様に閉まっており、実はリアルショップと切り離されていないことにもけっこう驚いた。

コロナ後の「新しい日常」なんてのは、できそこないのキャッチコピー程度しか実体がなくて正面から考えても答えは出ない。これからは、未知の世界へ三段跳びで行かねばならない、のではなくて、日々の当たり前の行動をいかに分散するかが入口だと思う。リモートだ、web会議だというのは、それを売りたい人が大声で叫んでいるだけ。私だったら品ぞろえ以外の工夫を真っ先に考えるけどなぁ。誰かそういうアイデアを提案するチャンス、くれないかしら。

スポンサーリンク
オリジナル牛模様デザイン【職人による手染め】手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです
手ぬぐいはハンカチより大きいから、真夏でもいつもさっぱりした面で汗が拭けるし
長さ1メートルのロングサイズだから頭にも巻きやすい!
★アイロンも不要!
★ほつれは数回のお洗濯で止まります!
★お土産やプレゼントにもぜひどうぞ!
★学校行事や、調理室での三角巾替わりにも!
1枚 2,100円(送料/消費税別)
※購入枚数が多い方、金額ご相談に応じます。
※オリジナルデザインも作れます!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から