ドライクリーニングよりも手洗いが面白い!
ウール、カシミヤ、麻、ポリエステル混紡コットンと片っ端から。水洗い後のものは着るとやっぱり気持ちがいい。

かつて、忙しくて仕事ばっかりの時、わずかに空いた時間で「大好きな服をどっさり買う」というストレス発散に没頭した時期がありました。ここと決めたブランドがあり、身支度の9割を占めて20年以上が経っていたので商品履歴に詳しくなったのはもちろん、次の季節に発売される型紙資料を店頭で見ながら買い物プランを立てたりしていました。一つのブランドに絞るとコーディネートも楽だし「ここで買う」と決めれば他店で悩む必要もなく、希望の品が無ければ取り寄せてくれるから、とても便利でした。

買った洋服の手入れはほとんどドライクリーニングなので出す量も多いため、いろいろ試してここならと納得したクリーニング屋さんに御用聞きで通ってもらっていました。でも先代が亡くなり息子さんが跡を継いだのですが、預かり品の管理がだらしなく、伝票もないし、次のシーズンまで預かってくれるというサービスのもとにいったん放置され、ひとたびブランドが違う洋服を預けてしまうと放置期間中に他人のものと混ざりあい、あれが戻ってないよと言うと、洗って返してるはずだとか、預かっていないとか、代わりにこれでどうだと違う服をもってきたりして取引を止めてしまいました。しかし私もシーズンインに着ながらじゃないと手持ちの全品が思い出せず、杜撰なのはどっちもどっちです。ちょうど同じ時期に母の遺品である高級服を、家の床が抜けるんじゃないかと思えるほど大量に引き受ける羽目になって、自分で量を管理できる「枠」が決壊したことも原因でした。

ここ数年、モノに埋もれてるのが窮屈で身軽になりたいなぁーと思いはじめ、手始めに洋服を捨て始めたのですが、これが難しい。10年以上前の洋服は特に仕立てが日本製というのもまだあるので、古いほどメイドインジャパン率があがって、ものすごく質がいいんですよね。破れたり穴が開いたりしないので、捨てる理由は「もう流行らない」ということしか思いつかない。ところが若いころに本当に似合っていた服は、年をとってもそれなりに着こなせてしまうので、捨てる理由が見つからない。試しにネットの古着屋さんに売ってみたら一枚90円といった査定が返ってきて、バカバカしくなってそれっきり。

ここからはもう自分の中での格闘でしかなく「もう古いから!」と思い切って捨てたら翌年リバイバルで流行ったとか「これは間違いなく時代遅れだから」と捨てたのに、あれ以上にサイズがぴったりなものが結局見つからないとか、いまどきの洋服はひとたびクリーニングに出すと加速的にヨレヨレになるのが多いことを知り、捨てざるを得ないものも出てきて「捨てチョイス下手」がひどく後悔と反省の日々。

気づけば流行の服よりも、シミ、よれよれ、テカテカの方がヤバい年齢になってきた。そう思って見直すとドライクリーニングは石油で汚れを落とすものなので生地に負担がかかり、薄くぺったんこになってきた気がする。よーし、いよいよ捨てる好条件の「よれよれ」がやってきたぞ!と思って、うっかり「最後に家で洗って休日に家で着て、このシーズンを終えてお疲れさんしてあげよう」と思ったところ、水洗いすることで生地の厚みがフワッと増して逆にいい感じになってきちゃった。じつは私、かなり洗濯好きで、特にセーター類を傷まないように洗うのが大好き。むかし半身頃がきれいにほつれたカーディガンを着てきたスタッフがいて「へ―こんなおしゃれもあるんか」と感心していたら、洗濯でこうなったと聞いて二度ビックリ。
うちの洗濯機はサンヨーの全自動で10年超えになってきたけど、どうやら相性が良いみたいで、家で洗えば洗うほど着心地が良くなってまた捨てる理由がなくなってきました。最近では「自宅で洗えますよ」という洋服も増えているし、柔軟剤と洗濯ノリを半々に使うとパリッと型崩れせず肌触りも気持ちがいい。最近の洗剤CMで「洗った方が長持ち」というのも体感しています。

難点は洗って干すのに結構な手間がかかることで、休日に洗濯4回転ということも珍しくなく、一日があっという間に。
でも、スッキリと洗いあがった綿のシャツや柔らかいセーターに袖を通すのは気持ちがいい。時間もあることだし、のんびりやるのも悪くないかな。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

おすすめの記事