このオフィスに移ってから毎年12月の第一金曜日はアイデアパンチの忘年会です。
アイデアパンチは企画編集会社なので、それぞれを形にしてくれるクリエイティブメンバーあっての「納品」となります。この基本スタンスを忘れずに、一年間の感謝を伝え、労うための会です!このような時間がもてるシアワセをかみしめつつ20名前後の皆さんをご招待して、私も下手くそながら気持ちをこめて料理しています。

とはいえ、ほとんどの料理は事前に打合せのうえ、満留先生に当日弊社のキッチンで作ってもらいます。できたてを振舞いたいので、仕事が終わり次第参加する人たちに合わせて、毎年ずっとキッチンに貼りつくことになってしまいます。でも本当は、満留さんにも楽しんでもらいたい!なので今年は少しでも効率よく段取りして、みんなと一緒に呑もうね~!という隠れ目標がありました。

そして、今年の最大のアイデアパンチトピックは、なんといっても夏にオープンした初メディア「japan-quality」!
消費者と生産地のかけはしを目指す主旨に賛同し、心からの協力をくれるスタッフ浜岡(北海道在住)から、忘年会用に大量の「生牡蠣」の差し入れが!(写真)

北海道は厚岸漁港直送の生牡蠣60個!!

北海道は厚岸漁港直送の生牡蠣60個!!

開催場所は弊社会議室。ここに特設のテーブル+座布団でわいわい。3回目ともなると参加の顔ぶれもみんな覚えていて、サーバー屋さんとカメラマンが「あ~どうもどうも!」なんて和やかにあいさつを交わしている。縁って面白いなぁ。

この酒席は、美味しいお酒とお料理と一緒に、普段接しないような職業の人たちとの会話をみんなが楽しんでくれたらいいな、という目的もあるんですが、今年は私が交換留学生時代にお世話になったEmily Carr University of Art and Designを卒業してグラフィックデザイナーを営むミドリさんもゲストで参加。海外在住のクリエイティブと話す機会なんて、なかなかないよ、、、これもよかった。

左上:準備中のひとこま。右上:飯島家ポテトグラタン用のマッシュポテト。左下:殆どの鍋は亡き母の愛用品。右下:満留さんとおしゃべりしながらポテトを裏ごしで後日筋肉痛。写ってないけど馬毛の濾し器も母の愛用品。

左上:準備中のひとこま。右上:飯島家ポテトグラタン用のマッシュポテト。左下:殆どの鍋は亡き母の愛用品。右下:満留さんとおしゃべりしながらポテトを裏ごしで後日筋肉痛。写ってないけど馬毛の濾し器も母の愛用品。

今回は、準備の時間がたっぷり余って順調!私たちも段取りが上手くなったのね、と褒め合いつつも、
でも何か忘れてるんじゃない?と、満留さんと何度も何度も確認。

さて、ここからは料理の紹介、そして下の方には酒席のフンイキをどうぞ。

カキフライ!タルタルソースで激ウマ最高でした!

カキフライ!タルタルソースで激ウマ最高でした!

カキフライの下ごしらえ。仕事がキレイ

カキフライの下ごしらえ。仕事がキレイ

当日届いた生ガキはベランダでひたすら殻打ち。釣り師のオットに丸投げしました(笑)
一人ずつ来るたびに殻のままグリルで焼いた焼き牡蠣も出したのに、撮影失念。。。
本当に身が大きくてぷりぷりしてて、味も濃くて最高の牡蠣でした。海からあげたきり、水槽などに一度も入っておらず、磯の香りがまた最高!

最初のビール用に前菜4点盛。左上:新宿育ちの柿を生ハムで巻いて。右上:激ウマレバーペースト。左下:スペイン風オムレツ。右下:ピクルス。

最初のビール用に前菜4点盛。左上:新宿育ちの柿を生ハムで巻いて。右上:激ウマレバーペースト。左下:スペイン風オムレツ。右下:ピクルス。

柿はオットの実家の庭先に毎年生るもので、多い年は段ボールに山盛り4~5個になります。種があって懐かしい野性種なのに、すごく甘い。毎年収穫のお手伝いをしています。

鯵の南蛮漬け

鯵の南蛮漬け

釣り後には鯵を60~70尾も軽くおろす、私の黄金の腕とマイ出刃包丁は封印。3枚おろしは魚売り場に素直にお願いしました。

サーモンとにんじんのサラダ。シャキシャキしてマジ美味。レシピ聞けばよかった~。

サーモンとにんじんのサラダ。シャキシャキしてマジ美味。レシピ聞けばよかった~。

豚と大根煮。とろっとろでオイシイ~♪

豚と大根煮。とろっとろでオイシイ~♪

左:飯島の母の味、ポテトグラタン。マッシュしたものしか知らずに育ち、東京に来てビックリ。右:スパイシーで肉汁たっぷりのやわらかタンドリーチキン。(ピンが来てなくて残念)

左:飯島の母の味、ポテトグラタン。マッシュしたものしか知らずに育ち、東京に来てビックリ。右:スパイシーで肉汁たっぷりのやわらかタンドリーチキン。(ピンが来てなくて残念)

タンドリーチキンは下味をつけてオーブンで一発焼き!壮観~!

タンドリーチキンは下味をつけてオーブンで一発焼き!壮観~!

グラタンの2台目。もちろんミートソースも飯島お手製。

グラタンの2台目。もちろんミートソースも飯島お手製。

お酒のシメに、満留先生のお手製ごまつゆそうめん。今年はそうめんの美味しさに開眼した一年でした。

お酒のシメに、満留先生のお手製ごまつゆそうめん。今年はそうめんの美味しさに開眼した一年でした。

スタジオ協賛品。まかない?のサラダ

スタジオ協賛品。まかない?のサラダ

今年は皆さんにちょっと甘えて「呑みたいお酒があれば持ってきてね~」と連絡させてもらいましたが、そこでつまみをサッと持ってきてくれるのは、さすがの石森スタジオ。
えいやと盛りつけるだけで、素敵な一品に見えてしまうところにプロの集まりということが漏れ出てしまうわ~。(お皿はアイデアパンチのね)

左:キリッと盛り付けに向かう集中のひととき。綺麗な人は、料理も美しい。右:飯島家ではパルメザンをすり下ろすのは子供の担当。今はボトルで売ってるからラクちん~♪

左:キリッと盛り付けに向かう集中のひととき。綺麗な人は、料理も美しい。右:飯島家ではパルメザンをすり下ろすのは子供の担当。曲がった姿勢が心のゆるみ(笑)「今はボトルで売ってるからラクちん~♪」

会場の撮影も来賓に任せるのがアイデアパンチ流(笑)
こんな強烈な笑顔、勝手に載せたら悪いかなぁと思う写真だらけだったので、少し控えめにチョイスしました。

参加メンバーそれぞれ。左下は最初に来た来賓と試合開始のゴングのように乾杯

参加メンバーそれぞれ。左下は最初に来た来賓と試合開始のゴングのように乾杯

左上:帰るところをつかまえて仕事の話。タグの話がこんなに楽しそうなのは優秀なプログラマーだからこそ。右上:長い付き合いの技術さんに語る弊社辰己。左下:会話のカタマリができるけど動きもあるいい時間。右下:20年来のつきあいの先輩(左)と、スイーツ作りに燃える我がオット。

左上:帰るところをつかまえて仕事の話。タグの話がこんなに楽しそうなのは優秀なプログラマーだからこそ。右上:長い付き合いの技術さんに語る弊社辰己。左下:会話のカタマリができるけど動きもあるいい時間。右下:20年前の先輩(左)とスイーツ作りに燃える我がオット。

左から、悩むカメラマン、語る営業、あおるプログラマー、淡々と述べる営業。

左から、悩むカメラマン、語る営業、あおるプログラマー、淡々と述べる営業。

こうしてまとめてみると「プライベートパーティ」を請けられそうだなぁ~!

お料理付きで空間貸しますよ。
商談で、誰にも聞かれたくない内緒話をしたい場所をお探しの方は是非ご相談ください(笑)

(飯島)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オリジナル牛模様デザイン【職人による手染め】手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです
手ぬぐいはハンカチより大きいから、真夏でもいつもさっぱりした面で汗が拭けるし
長さ1メートルのロングサイズだから頭にも巻きやすい!
★アイロンも不要!
★ほつれは数回のお洗濯で止まります!
★お土産やプレゼントにもぜひどうぞ!
★学校行事や、調理室での三角巾替わりにも!
1枚 2,100円(送料/消費税別)
※購入枚数が多い方、金額ご相談に応じます。
※オリジナルデザインも作れます!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から