先日、お得意様先の取材前に、早めに訪問しランチを共にしました。担当の方とカウンターに並んで美味しい和食をいただいたのですが、反対側の隣に座ったおじいさんに気遣って、食事途中で少し横にずれてあげたのが災いして腰を痛めてしまいました。

食事中は全く気づかず、席を立ち会計を済ませ、ビルの外に出てしばらく歩いたら、どうも腰が痛い。ちょっとしびれるなぁぐらいにしか考えずに歩き続けてみても、痛みは秒単位で強くなっていき、急にがくんと歩調が落ちてしまう。横で一緒に歩いている方も異変に気づき、おや?という顔をし始める。何とかごまかそうとするが、気持ちとは裏腹に体はどんどん動きにくくなる。折り悪く道路の向こうへ渡りたい信号がチカチカするが、その時には歩くのも精一杯になっていて、うっかり駆け出したらその瞬間に足がもつれて顔から転びそうだ。

これはのっぴきならないぞと覚悟し「どうも腰が痛い」と告白するが、既に私はよちよち歩きでしか進んでいないことに気づく。そこから100Mも歩いたかなぁ。先方の事務所になんとか辿り着いて、背もたれのある椅子にありつくが、もうダメ。もう明らかにダメ。先方は「きっと疲れがたまっていたんでしょう」と気遣ってくれるが、それももうウワの空で、明らかに自分の頭の中には良くなるどころか悪くなることしか浮かんでこない。

そうなると今、この場の仕事をどうするかである。もうそのことと、動かない体をいかに自然に見えるように動かすかで頭がいっぱいになってしまう。タイミング良く到着したうちの若手に要点を引継ぎ、帰ることに腹も決まった。その頃にはもう、来てもらったカメラマンに挨拶するにも椅子から立ち上がれない。座っていても上体も曲がらない。取材部屋への螺旋階段が上がれないし、笑顔すら苦痛になってきた。

その場にはいかにも邪魔であることが明白なので、思いつく限りを想定した指示をカメラマンに出し、お詫びをして、私だけそそくさと退散し会社を出る。しかしもう体がいう事をきいてくれず、敷地の外に出るのに全ての体力を使い果たして、通りがかったタクシーになだれ込む。あーあ。やっちまった。完全にヘルニアだ!!!

翌朝時間を作って病院に行ったところ、どうやらお尻の左側の、ちょうどほっぺたの部分のスジがビシビシに凝っていて、そこを庇った結果が腰への負担となり「半身ヘルニア」「ぎっくり腰」になったのでしょう、そんなお見立てでした。やっぱりカウンターに座って、小一時間体が傾いていたんだなぁ。

月末に休める余裕のないワタクシは、月曜から水曜まで友人の車に朝晩と送迎されて通勤しています。文字通り、重役出勤ですわ。
腰が痛いと、動くのもつらいが、じっとしているのもつらい。
こんな時ぐらい家でゆっくり休んだらどうかと進言され、実はかなりそそられました。よく考えたら今年に入ってからは、1日ゆっくり休んだ覚えがないしなぁ。

しかし「こんな体じゃどうせ寝てる以外は何もできないんだし、頭は通常通り働くんだから寝るのも惜しいし、時間がもったいないから仕事に行くわ」と言ったら「いろんな考え方がありますね」と。
第一、ギックリ腰で休暇なんて、言うのも恥ずかしいしね!!

今年の記録的な体調不良に落ち込んでいたのですが、思わず「寝てるぐらいなら働く方がマシ」と答えた自分にひとすじの希望を感じたのでありました。
まだまだいけそうね、私。

スポンサーリンク
オリジナル牛模様デザイン【職人による手染め】手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです
手ぬぐいはハンカチより大きいから、真夏でもいつもさっぱりした面で汗が拭けるし
長さ1メートルのロングサイズだから頭にも巻きやすい!
★アイロンも不要!
★ほつれは数回のお洗濯で止まります!
★お土産やプレゼントにもぜひどうぞ!
★学校行事や、調理室での三角巾替わりにも!
1枚 2,100円(送料/消費税別)
※購入枚数が多い方、金額ご相談に応じます。
※オリジナルデザインも作れます!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から