「不要不急」を考えることは、自分の生活で当たり前にやっていたことを「要らないかも?」と問い直すこと。かなり難しい。口うるさい人からの依頼は後回しにしよう、ぐらいなら楽しく優先順位を付けられそうなものだけど、それ以上の判断は、自分の存在価値を問われているように考えることもできる。「今まで一生懸命やってきたけど、この仕事、必要なのか?」とか「私は社会の役に立ってるのか?」とか。

こんなときこそ時間があるから人生を見つめ直そうとか、今までを振り返ろうとか、転職しようかなとか、やりがちだけど、止めた方がいいです。そういうことは今こそ考えないほうがいい。決断というのは、平常心を保ち、体も健康で、お金にも困っていない時にやるもの。失敗するし、後悔します。まぁ、国民の負託に今こそ応えるべき人が、家に座って犬撫でたりしてる国ですけども。。

人生は、どこにいてどんなことをやっていようが、いい思いをする時もあれば、うまくいかないこともある。それが自分のせいの時もあれば、そうじゃないことだってある。じっと耐えることも生きるうえで必要な能力の一つですから。

当社も、仕事が止まったり急に進んだりと、エンスト前の自動車みたいな状態だったけれど、乗りきってみると時間がつくれそうかも。いい機会だから頭を空っぽにして、無心になって作業をしよう。そう思ってマスクを試作してみました。私はマスクが苦手なんだけど、付けてないと入れてくれないスーパーもあるし、7枚作って洗えば買わなくてすむから、一箱といえども必要なところへ回るだろうし。
段ボール単位で山のようにある布の端切れを引越で捨ててこなくてよかった~。ネクタイとコーディネートできるように作れば、仕事に出ざるを得ないオットも楽しいだろうし。うまくいけばお義母さんにもプレゼントしてあげよう。そう考えると、なんだか楽しくなってきた。

とはいえ「仮縫いで提出しないように」と戻されるほど不器用な私。ミシンなんてものは当然家になく、小学校で使ってた裁縫箱に入ってたボタン付け用の針と糸で完全手縫いです。

顔を大きめに覆ってるのでゴムが痛くありません。やや、不審者感がありますが。。

ネットで検索して、こちらの「あとりえChikuTaku」さんの動画をみつけたので、これを参考に、サイズをちょっと変えて試作してみました。簡単でわかりやすくて、ありがとうございます。やわらかい関西弁が耳に心地よく新鮮です。
布をどっち向きに持つか、まで「一瞬考えてからじゃないと分からない」レベルなので、動画の中の手際の良さには感動しました。

あとりえChikuTakuさん
初心者向け 手縫いで簡単マスクの作り方 4ヶ所縫うだけ ロングバージョン

では、皆さん!ウィルスに負けずに生きのびて、また元気でお逢いしましょう!

スポンサーリンク
オリジナル牛模様デザイン【職人による手染め】手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです
手ぬぐいはハンカチより大きいから、真夏でもいつもさっぱりした面で汗が拭けるし
長さ1メートルのロングサイズだから頭にも巻きやすい!
★アイロンも不要!
★ほつれは数回のお洗濯で止まります!
★お土産やプレゼントにもぜひどうぞ!
★学校行事や、調理室での三角巾替わりにも!
1枚 2,100円(送料/消費税別)
※購入枚数が多い方、金額ご相談に応じます。
※オリジナルデザインも作れます!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から