日々食事を自分で作ってる人には「あったり前」のことですが、料理というのはたま~にやってもダメなんですよね。そりゃ慣れとか道具の有無もありますが、実は「食材」もそう!若かりし頃チャラチャラと調子に乗って料理を作りに行き「え?油がない?」みたいな経験ありません?(笑)
この年になってもあるのが、しばらく自炊をさぼっていると「あると思って料理を始めたけど、途中で切らしていたことに気づいて困る」パターン。私の「あぁっ無かった!ベストスリー食材」は、「卵」「ごま」「しょうが」・・・かな。皆さんはどうですか?あ「わかめ」もあるかな。そうそう「めんつゆ」もあるな。要は一回で使い切らないようなものは対象になりますね。
 
先日の忘年会のおかげで当社に食材が余っていますが、サバトマトソースは冷凍にしたのでちょっと休憩。今日はそれ以外のものを食べるためのまかないです。手作り(当たり前なんだけど・・・)のおいしい豆腐屋さんが近所にあるので、そこの木綿豆腐1丁170円を使い、あとは総残り物で「温とうふ丼」です。
 
去年買って放置していたお米は古すぎて劣化もひどくガツガツと研いで、ごぼう茶の“出がらしごぼう”5~6パック分とともに土鍋へ投入し、ごぼうごはんを炊く。
チンして温めたとうふ半丁に、刻みねぎ、おろししょうが、一番だしをとり終えてカサカサになったおかか。すりごま、賞味期限切れの卵をゆで卵にしてトッピングし、ごま油としょうゆをタラリ。うまい!上等ねこまんま!!そう、このラインナップで、まずいはずがない。こうして廃棄食材を減らすことに日々頑張っています。おっと、詭弁なのに真実に聞こえてしまう今という時代がこわい。
 
そうこれは「とうふを温めてごはんにのっけて食べる」ということをこの本で知ってから。これ豆腐の食べ方バリエーションがものすごい。使いみちによっては水を切るようですが、それが日常の食材管理としてひとつながりになっているような感じでした。これ大事ですよね!整理のプロが以前「買い物から帰ったら、包装から全て取り出し野菜は洗う、切る、下茹でする。すぐ使える状態にしてから冷蔵庫・冷凍庫へしまう」といってました。まさにあの感覚に近そう。
お豆腐はイソフラボンもとれるしボリュームもあるから、更年期を迎える女性のダイエットには特に良さそうです!
 
私が通う美容室marccoでは年に数回おいしそうな本を発見する。“Jマダムのおしゃれ”みたいなファッション誌には興味のない私に慣れたスタッフさんは、食や道具、雑貨、建築、デザイン等の本を置いてくれる。そこにあった「からだが喜ぶ! 藤井恵の豆腐レシピ」です。まぁとにかく、たっくさんおいしそうなお豆腐レシピが載っていました。簡単そうだし、過装飾もなく、好感度高い本です。いずれ買いたい。

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

おすすめの記事