今回のコインチェックでは、流出580億円という金額の大きさと、自己資金で返金というニュースに2度ビックリ。「兄さん、本当にわかって言ってるのかよ」(出川哲郎氏出演のCMはこんな感じだったかな)。盗んだ犯人のお財布にマークを付けて、換金すれば逆引きできるようにとリアルタイムで追跡・奮闘している技術者の記録を読んで、まるで映画を見ているような興奮におそわれながらも、同じ地球での出来事とは思えないほど遠くに感じてしまった。でもやっぱり、優秀な技術者は本当にすごい。

せっかくの機会だから、世の中のwebサーバーとハッキングについて分かりやすく解説してみようかな。

みなさんがショッピングをしたり記事を読んだりしているサイトには、必ずドメインがあり、URLというインターネット上での住所があります。それは閲覧できている限り、リアルタイムで今インターネットに接続されているということであり「webサーバー」に格納されています。サーバーはレンタル会社から誰でも借りられ、仕様はピンからキリまでありますが、賃貸マンションの1室を使ってるようなものが一番身近です。だから契約数なんて日本の自動販売機の数ぐらいあるんじゃないかな。すぐ始められるようなブログサービスも、サーバーレンタルのオプション商売みたいな感じですね。

レンタルサーバー群は、日本の数か所に点在するデータセンター(DC)などにあるのが殆どです(蛇の道は蛇、という時代もあったけど)。地震や自然災害のリスクが少ない場所ですが、セキュリティ対策の一環で一般のユーザーさんには教えません。自前でサーバーを建てている企業も多いですが、それもDCの中にあるものになります。理由はコストや管理面で割が合わないから。皆さんが使っているアマゾンや楽天、facebookとか、googleクラスになるとサーバーも自前でしょう。だいぶ前ですがソフトバンクがサーバーを韓国のDCに移したので、契約者が払う利用料は韓国の利益になる・・・なんてニュースがありましたね。

webサーバーにはデータを上げ下げする入口のほかに、大雑把に管理者が入るところがあり、管理者というのがいます。「交番の前に立っているだけの近所のおじいちゃん」みたいな技術者から「あらゆる武術に長けてるうえにスポーツではオリンピックに出たこともある」みたいな技術者まで幅広くあたりますが、web制作に所属するプログラミング技術者とはカテゴリーから別モノです。「サーバーのことはちょっと・・・」という技術者もたくさんいるのが普通です。

ですが、残念なことに優秀なハッカーより腕のいいレンタルサーバー管理者はいない、というのも現実です。究めるほどに、より高い山に登りたくなる孤高の技術者、ということなのかな。ハッカーはシステムの隙を探してコンコンつついてきますが、ひとたび侵入された後に彼らがどう振舞うかは、彼らの志や技術レベルの高さと比例します。そうして出来心からガチ犯罪まで、ありとあらゆるアタックが24時間年中無休でしかけられていて、そこに管理者がはりつき、マシンを構成しているシステムの何かに脆弱性が見つかったといえば即パッチをあて、という永遠に終わらない作業をやり続けています。皆さんが今見ているサイトも、さっき買ったキャットフードも、裏にはそのサーバーを「いま」管理している人がいます。そう思うとちょっと身近でしょ?みなさん、陰の立役者の技術者さんに感謝してネットを使いましょう。

最近ではメーカーの直販サイトへ行くとお詫びが載っている、というのが急増しました。原因はいろいろあるでしょうが、ネットで販売サイトを作りたいと思う人が急増し、サーバーチョイスやシステム構築の面でアドバイスできる技術者や、セキュリティ知識を過不足なく持ったディレクターが不足しているのでしょう。ここがややこしいところですが、サーバー管理者が持つべきスキルと、システム制作者のスキルとは全く別のモノなのです。

近年いろんなネットサービスや便利アプリが増えました。それに見合うだけの技術者が増えているか、というとそうでもない。育成機関もほとんどない。ひと山当てたいような新サービス開発系に好待遇で囲い込まれてしまうというのもあります。とはいえ仕事の実情は川の流れのように低きに流れ、外部委託も多く、直接ガツガツとプログラムを書いてる現場の人たちは目の前のプロジェクトに精一杯。安倍さんの唱える「働き方改革」なんてのは失笑含みで地球の裏側の出来事です。

技術者は当然ながら論理的で、正義感が高く、頭のいい人が多いのですが、社会的な身分保障や生活設計には興味がない、というか二の次な人も多いです。
海外では、創作活動をしているアーティストにつくマネジメント専門の人がいるように、技術者にもそういうフォロワーが付く方法はないものでしょうかね。それにはもちろん、システムにお金を払うという認識が、世間にもっと広がる必要もあります。SNSなどのフリーサービス提供側は、ビッグデータというお金では買えない情報資産を大量に手に入れるメリットがあるため一人一人から利用料をとらないだけで、そこでサービス側が負担しているコストが見えてきにくいのも問題だと思っています。そして、広く浅く利用者から資金調達しようとするサービスは、これまた全部とは言わないけど、ビックリするほど使いにくいシステムばかり・・・・。

自社の収益を上げるための目先の手段というだけでなく、社会インフラへの投資として、技術者の待遇にもコストを割いてくれる企業が増えることを願うばかりです。