忘年会2018

ブログは久しぶりの書き込みです。みなさん、ごぶさたしています。

毎年、仕事仲間を招待して感謝の意を表す忘年会を開いています。以前の事務所に特大キッチンがあったのがきっかけです。当時は料理を本業にしている仲間も多く、もてなすメンバーもゲストも食について目線の高い人たちが多かったのですが、ここ数年は規模も小さくして料理担当も私が中心です。とはいえ仕事の合間をぬってメニューを考え、仕込み、買い出し、会場の準備とやるのは重労働で、6年目の今年は体力と相談して最小限規模で開催しました。お招きできなかった方、申し訳ありません。

料理は3つのことに気を遣っています。温かいものは温かく、冷たいものは冷たく、一番おいしいタイミングで出すこと(で腕の下手くそをカバー)。
私が愛してやまない日本酒・地酒は、食中酒にもふさわしいので、お酒のおつまみとして料理の味がボケないように。
そしてこれが最も重要で、おかしな事故を起こさないように食材のチョイスと衛生について細心の注意をはらっています。

「食べること」は生きる限り続く営みで、体をつくるだけでなく、気持ちも作ります。今年は食生活アドバイザーの資格も取れ、その思いをより一層強くする日々です。さいきん私の周囲では中年になってからのアレルギー発症や体調不良、肌荒れや、仕事のストレスにうち負けたりする人がチラホラ。こういうのには自ら気づかないような気持ちの疲れが影響するものなので、心をゆるやかに解放して食事や会話を楽しんでもらう場になるように、と心がけています。イメージは「大人の社交場」ですが、営業活動する人が紛れたりして難しい。いっぽう自分の職場の忘年会を欠席してまで駆けつける人も出てきたりして、高い評価をいただくのはとても嬉しいけれども、素直に喜んでいいのやら。。

当日は忙しくてあっという間に過ぎ、写真ゼロ。なので記録替わりに料理名を。
全部食べれば30品目超え!

・わかめときゅうり、ちくわの酢の物
・飯島家畑サラダ(春菊、茎ブロッコリ、大根、柿)
・ネギ入りだし巻き卵
・絹生揚げ焼【代々木上原:太田屋豆腐】
・お刺身盛(まぐろ、たい、ひらめ、ぶり、いか、つぶ貝、北寄貝)【渋谷:魚力】
・開運!チーズ入り北海道新じゃがコロッケ
・ごぼうたっぷり鶏つくね
・鯖缶トマトソースのペンネ
・塩麹漬け鶏肉と、きのこ、白菜のスープ鍋
・里芋とえびの土鍋ごはん
・飯島家きゅうりのぬか漬け
・いただきもの珍味・漬物・果物

サバ缶でお肉無しのミートソース。ペンネだったけど、これは後日の私のまかないランチ

※婚活用ホームパーティとか、会社の部門だけの女子会とか、要望があればやりますよ!ご相談ください~!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

おすすめの記事