誰が作ってもユーザーに見えるものは常に1画面ですが、
検索エンジンはドメイン単位で「ひとつの情報集合体」として評価します。

検索エンジンにヒットするには事前にサイトデータを収集されねばなりませんが、もはや小手先のワザは通用しません。検索アルゴリズムは人間知能に並び、web1ページの内容が濃いか、テーマに沿った帰結か、サイト全体の情報はどうか、被リンクの量やアクセスされる量、サイトの性質によっては更新頻度なども加味され総合的に評価されるようになりました。評価するのはサイトオーナーではなく、検索エンジンであることがポイントです。
 
 

11位以下、あるいは21位以下の検索結果ページを見なくなっていませんか?
それが検索アルゴリズムの進化です。

求めている情報ページが高い確率で表示されるようになっています。求めているような結果が得られない場合も最初の10件で探し方が違っていることに気付けるようになっています。つまり無意識のうちに、ヒトが学習させられているのです。
サイト側はさらに、その「学習」に沿って作られる必要があり、webサイトのページひとつひとつに情報提供の目的とゴールの明示が必要です。それがあって初めて、検索側のカテゴライズのどこかに登録され、表示されるわけです。ウェブサイトのコンテンツが内容重視だと言われるのは、こういうことです。
 
 

ユーザー別の生活習慣や、よく見ているサイトの傾向を、
アカウント別に把握して、“忖度した”結果表示をされています。

つまりユーザーの想定の数だけ、サイト側はよりたくさんページを用意することが必要です。同じことを同じように書いてもスパムとみなされるリスクもあるため、人間が見て理解できる違いも必要です。そのノウハウが“ウェブコンテンツ・クリエイティブ”であり、必要なのは技術だけでなくコミュニケーションです。
たとえば「塩 うまみ」と検索した人に、塩が入っている料理レシピページは表示されない、それがアルゴリズムです。しかし情報を載せた気になって“似たような情報ばかり要らない”と独断するサイトオーナーや担当者がほとんどなのが実態です。
 
当社は、ひとつのテーマをより幅広いレンジで表現に替えて制作できます。
これがプロの制作者視点であり、編集と執筆に強みを持つ、アイデアパンチの手法です。

 
 
【実績】以下は「食材」をテーマに作成したコンテンツの製作例です。

「旬の食材」を解説したコラムの展開例です。


 

「旬の食材」を解説したコラムの展開例です。


 

「旬の食材」を解説したコラムの展開例です。


 

食育の視点を加味した子供向け食材解説コラムです。


 
【実績】食と食育をテーマに作成した過去のコラムページ製作例です

日本の季節と食文化を主題に食と食材をコラムにしています。


※お客様がのちに他サイトへの転載を希望され、このデザインとコーディングは他社です
 

日本の季節と食文化を主題に食と食材をコラムにしています。


※お客様がのちに他サイトへの転載を希望され、このデザインとコーディングは他社です
 

日本の季節と食文化を主題に食と食材をコラムにしています。


※お客様がのちに他サイトへの転載を希望され、このデザインとコーディングは他社です
 
【実績】エコライフスタイルについて、食と関連させた視点で作成した過去のコラムページ製作例です

エコに暮らすことを、食の視点で展開したコラムです。10年以上前の仕事ですが、当時新聞社から問い合わせがあったようです。


 
【実績】エコライフスタイルについて、食と関連させた視点で作成した過去のコラムページ製作例です

エコに暮らすことを、食の視点で展開したコラムです。