スポンサーリンク

あれこれ整理をしていて「食べること」があまり好きじゃなかった自分を思い出した。
おいしいものにもあまり興味がない。仕事上公言しにくかった時期もあるけれど、一緒に仕事をした身近なスタッフや家族あたりは気づいたと思う。

物心つくかどうかのころ、食事中テーブルに突っ伏して寝る癖があった。ハッと目覚めたら食卓は綺麗に片付き家族はそれぞれの部屋に三々五々。自分と自分の料理だけがポツンと。小児時代は外で遊ぶのに忙しく、夕食のために帰宅するのは嫌だと親にゴネた。思春期は、ひと前で口をもぐもぐと動かし咀嚼する姿を見るのも見せるのも恥ずかしかった。でも通っていた女子高はみんなオープンだったし、美専時代に留学したカナダでは言葉は通じずお金もないからしのごの言ってもいられず、少しずつ「ひと前で食べること」の洗礼を受けていった。

社会に出たら一気に進んだ。担当した主要クライアントがファミレスで、打ち合わせのたびに先輩や上司、時には顧客も交えて食事させられるのが苦痛だった。キャンペーンだ、新メニューだと食べる理由はいつもある。しかたなく誰よりも遅く食べ始めて、真っ先に終わるという早食いになった。接待するようになってもなるべく食べずもっぱら飲んだ。起業して料理レシピを考える仕事が長く続いたのは皮肉で、実は泡立てた生クリームがのどをすべり落ちる感触は鳥肌が立つほど苦手だった。習うより慣れよ、は当たっている。当時、発注担当者も実は牛乳嫌いで意気投合し、あの仕事は苦手な人の視点だったから長く評価されたと思う。その後、食べることに小うるさい人と暮らしはじめたのも、人をもてなすときは食事をすることが当たり前になっていったのも、苦手を克服した成長のあかしだと思える。

でもやっぱり本質的なところは変わらず、誰かが何かを食べたいといえば喜んでそれに合わせている。小うるさい人はオットとなり、東京出身でお肉といえば豚らしい。豚バラが大好き。豚汁、とんかつ、かつ丼好き。カレーも豚肉、ハンバーグも豚肉、蕎麦は肉きざみ、野菜炒めやチャーハンにはラード。それがいいというならそうしましょう、的にやってきたけど、気づけば日々豚と脂祭なのになんとオットはほっそり体型のまま。
私の好きな梅干しは見るのも嫌、サバはアレルギーで無理、カリフラワーは舌触りが嫌い、サンマやイワシは臭い臭いと顔をしかめる姿を見るにつけ「あなたは食べていいんだよ」と言われても我が家の食卓に一切上がらなくなった。そうして胆石の疑いときた。身内の病歴にはまったくなかったことで食生活を疑い、ふと自分が豚肉嫌いだったことを思い出した。興味がないと深く考えないから、こういう悪影響が出る。何でもそれなりに合わせられるというのは損かも。

女の人はたぶんみんな「食べたいもの」って料理より食材で思い浮かばない?かぼちゃとか、ピーマンとか、タラコ、辛いもの?なんて思いながら「あぁその成分の何かが足りてないんだな」と気づく。そして買いながらどう料理するか考える。食とはそういう関係がいい。おのずと季節も追えるしね。ところが家で同じものを食べてる家族でも不思議と同じことを思わないんだよね。消化・吸収・消費に体質的な得手・不得手があるのだろうと思う。その個体差を自覚しないままでいると「生活習慣」の病気になるのかな。最近世間ではどこもかしこも「食べる」コンテンツが激増し、やわらかいとかおいしいとか叫んでる芸能人もさらに増えた。あれ、話半分に聞いても同じことばかりで、みんな大丈夫?忙しすぎて味覚をどこかに置き忘れてるんじゃないのかしら。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オリジナル牛模様デザイン【職人による手染め】手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです
手ぬぐいはハンカチより大きいから、真夏でもいつもさっぱりした面で汗が拭けるし
長さ1メートルのロングサイズだから頭にも巻きやすい!
★アイロンも不要!
★ほつれは数回のお洗濯で止まります!
★お土産やプレゼントにもぜひどうぞ!
★学校行事や、調理室での三角巾替わりにも!
1枚 2,100円(送料/消費税別)
※購入枚数が多い方、金額ご相談に応じます。
※オリジナルデザインも作れます!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から