スポンサーリンク

菅総理がいよいよ「重症者以外は原則自宅療養」と言い出した。コロナが来て1年半。この2~3年の政治の劣化はひどい、それを取り巻くマスコミもひどい。大手企業もひどい。ひどすぎて毎日怒っていて、ブログに書きたくとも怒りすぎて何について書けばいいのかわからなくなった。年を取ると、心が平静を取り戻すのにも時間がかかる。

しかし、病院に入るという「合格ライン」をちょっとずらしただけで、あんなに仕事したような顔で発表するとは。あれを対策と呼ぶんですか。「バカにつける薬はない」と大正生まれの祖母がいつも言っていたけれど、菅さんという人はなにかとズレている。コロナは、症状のない人がそうと知らずに伝染させるウィルスが問題なんだよね。なんで検査をしないんだろう。寝ている無党派層を起したくないように、無症状者層も認めたくないのか。ああいうのを「人の上に立つ能力がない人」と呼ぶのだと私は学習してきたけれど、裸の王様にはわからないのだな。

生きていれば83歳の父が生前、文部省(つまり国)が決めたことは自分たちの人生には何の役にもたっておらず、理想や希望を教えてくれたのはアメリカの映画、つまり「ハリウッド省」だと言っていた。今こそよくわかるよね。やっぱりアメリカは歴史も、抱えてる問題も違うから、トランプという素人がぐちゃぐちゃにしたものを元に戻そうとする力が働いている。バイデンさんが東京オリンピックに夫人を送り込むのは「大人の対応」だと思う。

「2ちゃんねる」を作った人が電通について語ってたらしいけれど、私は父が電通マンで、子供のころから鬼十訓を聞かされて育った。当時は親の職場を聞かれるのは普通のことで、電通だと答えると電気工事会社だと間違う人がほとんどだった。そのころから「スポンサー」という概念を聞かされてきた私自身も広告の世界に入って30年、企業の販売促進の現場にいたけれど、いまや電通も含めて日本の大企業ほどクソ度が高い。決済できる人達は、20年後に自社が存続しているためのプランがない。コマーシャルを見てるとそれがよく感じられる。サラリーマンって、あんなにひどかった?社会に「多様性」というワードが出た時点で、背の順にしか並んだことのないおじさん連中には理解できない。ついでに言うと小池都知事も同じ穴の狢で、おっさん側のおばさんだから、あれが働く女性の成功例だと思ったことはない。いま企業役員に多い70歳前後のゾーンは、生まれたときにはもう戦争は終わっていたし、戦後復興をやったのはその上の世代。彼らは成功の果実を食べただけ。バブル崩壊、就職氷河期、少子高齢化、リーマンショック。全部上級職、他人事ですり抜けてきていて、危機感なぞ持てるはずがない。年金をもらうまであと20年はある50代以下は、自社役員の総入れ替えを要求して、今後どのような世界観でビジネスをしていくのか急いで考えたほうがいい。

政治は、散らかし放題の部屋を片付けさせられる前の、立ち尽くす心境。「こんなになってしまって、これ。どーすんのよ?」ってかんじ。
政治に関わるおじさんたちには、マイナスに振り切った現状をせめてゼロに戻すぐらいの責任はとってから引退してほしい。石破茂、小沢一郎、枝野幸男、野田佳彦、他にもいそうだけどこのあたり、ふがいない。あんたらにも日本をよくするチャンスあったよね。今の日本は聞かれたことにも答えられない人がトップだから、奮起して今の偉そうな人たちに引導を渡し、40代に引き継いで未来を託すしかない。菅さんもあわてて20代の意見を聞いてるけど、もう遅いよ。ここまでひどい状態を立て直せるのは中年しかいない。引き継がれるのは「50代へ」ってホントは言いたいけど、今の無能どもが長く居座りすぎて私たちも毒され、少ないエネルギーはすべて怒りに使ってしまった気がする。

でも、彼らを引退させる最後の一仕事ならまだやれる気もするから、できることは手伝いたいけど。
選挙に行くしかないのかなぁ。宝くじで100億円でもあたらないかな。そしたら孫さんのところにまっしぐらに行って、優秀なIT企業を一個作りたいから力貸してほしい、って言うかな。まずはそこから。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オリジナル牛模様デザイン【職人による手染め】手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです
手ぬぐいはハンカチより大きいから、真夏でもいつもさっぱりした面で汗が拭けるし
長さ1メートルのロングサイズだから頭にも巻きやすい!
★アイロンも不要!
★ほつれは数回のお洗濯で止まります!
★お土産やプレゼントにもぜひどうぞ!
★学校行事や、調理室での三角巾替わりにも!
1枚 2,100円(送料/消費税別)
※購入枚数が多い方、金額ご相談に応じます。
※オリジナルデザインも作れます!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から