日本人は清潔でいいなと思うけれど、最近はそうでもないらしい。
食品メーカーの料理レシピ開発をしていたときのこと。完成させるレシピは味や見た目、栄養だけでなく、使う道具や調理手順、加熱方法などについても検討を重ねる。ああでもない、こうでもないと話していた時「今、普通のご家庭に一番ないのが“清潔な”ふきんですから」と料理研究家の先生に言われた。ドキッ。確かにそうだ、我が家もふきんだけはせっけんで洗うが、清潔かどうかはちょっと自信がない。子供のころ母が清潔なガーゼで漉したりするのを見ていたけれど、あれ、わたしの今の自宅には無い。

菌は発酵の元でもあるし、腸内環境の善玉菌や、場合によっては善玉菌の味方をする日和見菌もある。
でも傷を膿んだり、食材が腐って臭いを放つのも菌のしわざ。
これはいい菌これは悪い菌と一概に言えないのも多く、ある菌が体内に入って平気な人もいればおなかを下す人もいる。逆に、くさややなれずしなどは食品とされているけど壮絶である。あれも菌のなせるワザだし、身近な納豆菌も、ヨーグルトの乳酸菌やビフィズス菌も、肌を綺麗にする麹菌も、全部「菌」。そして、体内に居る菌をコントロールするのは腸の機能と言われているけど、人間世界と同じで、いろんな人(菌)たちがいて“多様性”が成立している環境の方が柔軟(丈夫)だったりする。

「除菌で洗おう!」っていうCMが前々から気になっていた。菌はすべてが人体に悪いものではない。むしろ遠ざければ遠ざけるほど、人見知りを直したいのに人に会うのが怖くなるのと似ていて、菌が苦手になってしまう。そもそも「除菌」とは菌を減らすだけで死滅させない。拭いたり吹きかけたりしたその部位から菌が減るだけなので弊害の方が気になる。例えばスプレーを家中に振りかけてきれいになった気分を味わっても、実際何の菌が減ってどれだけ“清潔な状態”になったか定かにできない。むしろ液体に含まれた香料などの成分が家族の皮膚や衣服にくっつき、肌や粘膜から体内に吸収される。ペットも噴霧された成分が床に落ち毛にしみ込んだものを舐めとったりして体内に取り込む。その後体外に排泄できればいいけれど、蓄積されてくると不調の原因になるし、炎症を起こしたりアレルギーになる方がよほど怖い。もともとが液体に溶けている成分なので、希釈されることはあっても洗い流されない可能性も高そうじゃないか。

かつて実家の賃借人が退去したため翌月に室内を見に行ったときのこと。洗濯柔軟剤をボトルで3本ぐらいカーペットにぶっかけていったんですか?という臭さで、マンションの高気密性が裏目に出て目がチカチカした。そうと知ってればクリーニング代を倍請求してもう一度掃除したのにと後悔したし、あぁこれが「香害」というものか、迷惑な人もいるもんだ、と実感した。

排除すべきはウィルスの方だけれど、菌よりもウィルスはずっとずっと小さいし、テーブルを拭いたり、布に吹きかけて消えるものではない。帰宅するとまずせっけんで手をワシャワシャと洗うのが好きなんだけど、水が薄汚れてみえることがある。コワいよ、これの方がよっぽど。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オリジナル牛模様デザイン【職人による手染め】手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです
手ぬぐいはハンカチより大きいから、真夏でもいつもさっぱりした面で汗が拭けるし
長さ1メートルのロングサイズだから頭にも巻きやすい!
★アイロンも不要!
★ほつれは数回のお洗濯で止まります!
★お土産やプレゼントにもぜひどうぞ!
★学校行事や、調理室での三角巾替わりにも!
1枚 2,100円(送料/消費税別)
※購入枚数が多い方、金額ご相談に応じます。
※オリジナルデザインも作れます!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から