今日は長~いご報告。
最近オットが3ニャン目の話をすることが多くて、10月初旬、東京都西部にある保護猫カフェを一度見に行ってきてました。

【10月10日】
休みが重なったので身内の御見舞に行き、そのついでに保護猫カフェに私も初めて行ってみました。なんとそこは、オーナー曰く「70匹」が一堂に会する、ビルの一室でした。

猫は、猫好きが判るというけれど、私は猫と同居生活が長く、代々いろんなコと接してきて猫大好き。なので、わりと人嫌いな猫にも好かれることが多く、ご多分にもれずこのカフェでもなかなか貰い手がいないわーというニャンたちに囲まれ、1時間遊んできました。

チャーリーとバズは、血は繋がってないけど兄と弟としてのバランス加減がとても良くて、3ニャン目のキャラのイメージがわかないなぁ、なんて話しながら帰宅したその日の夜。
11日未明、バズ君が水のような下痢に!!

確かに腸はウィークポイントで、来た頃は「ゆるウン」で大変だったけど。。。
うちに慣れたころから、全く問題ない「かりんと」人生になっていた。
食べ物は、おやつに至るまでほとんど変わっていないし、うちのブラザーは、年に一度の予防接種以外は完全隔離の室内飼い。

どうして???


【10月12日】
朝起きたら今度は、快食快便の健康優良児、「かりんと」王チャーリーが、人生初の水下痢に!!
こりゃ―大変だぁ!!!!!チャーリーまでとは、ただ事じゃねぇぞ!!!!!

連休の最終日はちょうどオットも仕事が休みだったので、朝イチで病院に電話し、バズの少しマシになったゆるウンと、チャーリーの水下痢を持って、2猫2人揃っていざ病院へ。

オレは一足先に改善傾向(バズ)


原因は、虫か、ウィルスか、腸内バランスのゆらぎ・・・。でも持参したウンを顕微鏡で見ると、虫もウィルスも無いが、1回では確定できないとのこと。しかもチャーリーの水下痢ではトイレ砂に吸いとられてほぼ内容不明で。

先生いわく「二人とも共通して気になるのは、長い菌が多めですね」

長い菌???

おぉ!それは桿菌(かんきん)のことか???
(解説:腸内環境を整える乳酸菌でできたヨーグルトは、桿菌と球菌の組み合わせでできています)
(2018年補足:猫の腸内環境は球菌が多いほうがいいらしい)
「あぁ桿菌ね~。それだけでバランスが崩れてるといえるのかしら」と答える余裕は私にはまるでなく、独りずつケージから出して、診察台にあがり体重を図りながら診察してもらう。

最初は、腸が弱くて今回偶然にも検体(ウン)をガッツリ持ち込んだバズ山さんから。
5.4kgと少し痩せていて褒められる。体温も正常。「よし、終わったよ!」というとすたすたと自分のキャリーバッグへ入っていく。

お次は、健康優良児の筋肉マン、チャーリー。
キャリーバッグの中でカタツムリみたいに小さく丸くなって出てこない。よいしょっと!と、引きずり出したら先生が思わず
「あら!カワイイ~!!」
そしてチャーリーをだっこしながら立て続けに「わ!かわいい」「あぁかぁあいい~」「カワイイねぇ~」とカワイイ3連発。

あのー・・・・。そんなに主観がこぼれ落ちるなら、バズ君に対してもせめて1回ぐらい「カワイイ」って言ってくれませんかね。。。そしてこちらも6.2kgながら、少し痩せていて褒められる(笑)



保護猫時代から「赤鼻のイケメン」で通ってましたから(チャーリー)
201509-02.jpg

犬猫用ビオフェルミン、胃腸のくすり、ウィルスのための抗生剤の3錠を、一日2回。スポイトと注射の間みたいな容器を買って、飲ませ方をならう。今日はあと寝る前にもう一度飲ませ、明日からは朝と夜に7日間続けてくださいね、と。
原因はわからないというのに薬だけは飲むのか~と思いつつ、水下痢を放置もできないからなぁと自分を納得させる。

ところが帰宅してすぐチャーリーが吐く。

夜、オットと汗だくになりながら、ふたりに3錠ずつ飲ませる。ごほうびにおやつをあげるも、未明 バズがごはんとおやつと一緒に全部吐く。



【10月13日】
朝8時→薬の時間だけど、かわいそうなぐらいうまく飲ませられず、苦労しながらふたりに3錠ずつ飲ませる。
夜10時→バズの嫌がり方が尋常じゃなくなった。涙目で、口元をよだれまみれにして抵抗されるが、ふたりに3錠ずつ飲ませる。
ごほうびのおやつも、ついに断られた。
その後、寝るころにバズがまた吐く。



【10月14日】
朝8時→投薬は少しうまくなったけど、嫌がられる度合いが増して、やっぱり苦労しながらふたりに3錠ずつ飲ませる。その30分後、バズがアオーンとうなるように鳴いて、吐きだした。その後も吐いて、吐いて、吐き続けること10回。

ビックリ仰天して病院に電話すると「あの抗生剤はたまにあわないコもいるので、バズには飲ませるのは止めるように。でもチャーリーは引き続き飲ませてください」と。
「薬は途中で飲むのを止めるとぶり返すこともあるので、バズの他の薬は続けて最後まで飲ませ、様子を見てください」と。


それ、処方するときに言えよな!


人間だって、対処療法で薬漬けにされる今の世の中が、ただでさえ我慢ならない私なのに、こんなに小さい体の猫に原因が特定できないうちから、かたくななまでに飲め飲め言われる薬ってなんなんだろうなぁと、うすら病院へ不信感がわく。

夜→二人とも元気を少し取り戻してきて安心。いつもは呼んだら嬉々として走ってくる二人が、遠くから不信の目で私を見るので、くすりはお休み。

医師の指示について家族会議の結果、チャーリーも抗生剤はやめることにして、整腸剤で頑張ってみることに。
夜チャーリーが待望のウン排泄。砂で覆われるとカタマリですくえるぐらいのやわらかさに改善。



【10月15日】
朝→ビオフェルミン1錠をそれぞれ投薬。やがてバズに待望のウン。チャーリーとバズが走り出したり、プロレスしだして、いい感じになってきた。バズの恨み顔も治ってきた(笑)

病院では否定されたし、オットも否定するけれど、一番の反省は保護猫カフェに行き、大量の他猫のにおいを持ち帰ったことかな(手は帰宅するまでにあちこちで5回ぐらい洗ってきたけど)。私は異常なまでの手洗い派のうえ、自宅に着いてすぐ靴下を脱いだが、オットはそういうことに全く無関心ないので、菌を運んできた可能性も高いと思っている。
そうでなかったとしても、きっとバズにとっては保護猫の時代を思い出したのか、自分がまたどこかへ連れていかれると思ったのか、、、とにかく想像の限界を超えた衝撃で、腹壊した、というのが本当のところかなぁ。。

それがチャーリーにも移ったから私はビックラしたのだが。。。きっと、二人とも、保護猫時代を思い出してピリピリした可能性は高いよね。
次の家族が増える時期は自然とタイミングがやってくる気がするので、もうしばらくは、4人家族を楽しもうかなと思っています。

あーあ。やれやれ。。。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
買ってよかった!スマホで遠隔操作する自動給餌器 カリカリマシーン®SP

ちょこちょこ食いだから置きごはんがいるけど、多めにあげると食べ過ぎるし
予定より帰りが遅くなると、空腹が長くて吐いてしまう・・・

●1回の給餌量を設定しておけば、外出先からワンクリックで給餌OK!
●1泊旅行にも行けるようになった!
●1台で1アカウントだけど、スマホにアプリを入れれば家族とシェアも!

買ってよかった、素直な感想
※外出先からうちのコを見てます →100%寝てますけれども・・・。
※マイクで話しかけることもできる →音質は、宇宙からの呼びかけ?並みのザーザー感
※日没後は何も見えない →タイマーで小さなライトを点灯させて解決!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から