スポンサーリンク

最近このテのフレーズの多いことに胸が痛みます。少なくとも数年前には未だ「誰でもいい」ということは、口にしにくい表現のひとつで、周りの目をはばかる表現だったと思うのに・・・。

どうしてこうなるのか、勝手に考えてみた。
ちょっと推敲しないで書いてみます。
思うに。
この人の周りには「誰でもいい」ことしかなかったのではないだろうか。
仕事も、人付き合いも、友人も恋人も、もしかしたら家族も。
「あんたじゃなくてもいいんだけど」ってことにどっぷり、めいいっぱい浸っていて、それが当たり前の毎日で、何日も何年も繰り返していると、世の中には「誰でもいい」以外の選択肢があるということを無意識のうちに忘れて行ってしまったのではないか。

「誰でもいい」の対極が「君ならでは」だとすれば、そういう評価を得るのは決して楽なことではない。わずかでも秀でたと思われるところを探し、無理をしてでもポジティブ思考し、育てる努力をする。これは本当に何年もかかる、辛くて長い道のり。
極論だろうか。

努力を放棄するのは実に簡単。あっという間に「誰でもいい」世界へ転がり落ちてしまう。若い人には人生を前向きに考えて欲しいし、そういう社会であるべきだ。
そして、手っ取り早くラクな道を選んではいけない、そこに落ちてはいけない、踏ん張らねばならないと教えなくては。

派遣社員は、そもそもが「その日、そこに来てくれれば誰でもいい」という考えが根底にあるもので、企業はそのつもりで人員充足を依頼する。働く方も「勝手に休んでも、代わりが行けばそれでいい」ことに慣れてしまう。誰も気にしない、居なくても気に留めない、そういったことが積み重なったとすれば、感覚は麻痺していくと思う。

会社を経営すると、いろんな若者と出会う機会に恵まれ、いろいろな家庭環境を垣間見ることが多くなった。自分がどこに立って、誰に愛されて今に至ってきたか。そもそもの自信がつくように大人は子供を愛し、それを教えるべきじゃないか。

人間の根っこはそこにあるような気がしてならない。

アイデアパンチは周囲とどんどん「君ならでは」の関係を作れる環境として存在できたらいいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オリジナル牛模様デザイン【職人による手染め】手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです
手ぬぐいはハンカチより大きいから、真夏でもいつもさっぱりした面で汗が拭けるし
長さ1メートルのロングサイズだから頭にも巻きやすい!
★アイロンも不要!
★ほつれは数回のお洗濯で止まります!
★お土産やプレゼントにもぜひどうぞ!
★学校行事や、調理室での三角巾替わりにも!
1枚 2,100円(送料/消費税別)
※購入枚数が多い方、金額ご相談に応じます。
※オリジナルデザインも作れます!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から