スポンサーリンク

10月なかばに風邪をひき、いつもなら寝て治すところだけど口角炎がひどくなり、かかりつけのクリニックへ行ったところ「胆石の疑い」で精密検査を受けに歌舞伎町にある総合病院へいくことになった。
予約が取れた11月あたま、紹介状に添付されたエコー写真を見て「飯島さん、胆石ですね。見たところ1センチ~1.5センチくらいあり、治療方法は胆のうを切除する手術になります。」
入院!
手術!
聞きなれない言葉に動揺しつつも話は進み「さっそく今日から」手術前のいろいろな検査をすることに。「まずは血液検査、尿検査、X線撮影をやって帰り、来週から順次空いてるところに予約を入れていきます。腹部超音波、心臓超音波、心電図、上下の内視鏡検査、MRI。あー、手術日の希望がありますか?」
何を言うべきかもわからず、入院にかかる日数や手術の所要時間などを質問しつつ、空気をかえてみる。
「先生、私、内視鏡をやったことがないんです。でも胃と腸には自信がありますので、やらなくていいと思うのですが」というと、今まで一度もやったことがないと大変驚かれて「それなら尚のことやっておきましょう」という話に。くそー。

自分も含め「胆石」という病態にピンとくる人は少なく、「あー激痛のやつね」といわれる程度。
食べ物が胃で砕かれ腸へと流れるとき、十二指腸のあたりでバッと消化液をかけるんだけど、それを予め出して池のように溜めている「袋」が胆嚢。この袋は消化液が入れ替わる水溜まりみたいなもので、「石」と呼ぶけど実際は袋に溜まった澱みのようなもの。これが痛みの原因だけどこの袋は人体の中で唯一無くてもいい臓器だそうで、切除が唯一にして最善だし、仮に先延ばしにしてもより悪くなると。気分はまな板の上の鯉、ですな。

ところがMRI検査の翌日の内視鏡検査前に「来週の手術日がとれそうです」と医師から聞いたにもかかわらず、その検査後に「飯島さん、大変です。なんと昨日のMRIに、石が映ってないんです!」と言い出した。一緒に検査映像を見たけど、たしかにクリニックから預かったエコーしか見てないよね、と入院前日に再度エコー検査。新人研修も兼ねたのか、二人の先生が交代で現れ重厚なエコー診断となった。
(後で知ったが胆石は2種類あって、コレステロール性のものはエコーでしか確定診断できないらしい)

エコー検査後。
医師「飯島さん。やはり、胆石はありませんでした。」
私「はぁ、やっぱりですか。」
医師「ですので、手術も、もちろん明日の入院も要りません。キャンセルでOKです」
私「はぁー。無い、のはありがたいですが。しかし、あの痛みと影はなんだったんでしょうか?」
医師「それなんですよね~。。。排出されたか、映った影が違うものだったか。痛みはその後どうですか?」
私「入院手術のプレッシャーで頭がいっぱいでしたが、いわれてみればこの1週間ぐらい痛くないかもです。食べる量をすごーく減らしています」

私は自分の体調変化はわりと自覚できるほうなのに、無くてよかったね!と素直に頷けなかったのは痛みがあったから。風邪でクリニックで診てもらったちょっと前あたりから、右胸のすぐ下、肋骨のあたりがジーンと突っ張るように痛い日がここ数ヶ月の間に何度かあった。初診の日に言われたのは「食べすぎには注意してください」。
毎食のたびに胆汁が出るのは止められないけれど、何を食べるかはあまり関係がなく「食べ過ぎない」ことが重要。たしかにお腹いっぱい食べたとき無意識に右ろっ骨をさすっていたし、言われてみればいつも食後から就寝時のあたりに痛みがきた。直近の痛みもお祝い事の時でお肉をたくさん食べたときだった。

思えば脂はもともと苦手で、10年位前にはサバの塩焼きランチを食べおえたあと気持ち悪くなって吐いたんだった。うちのオットは野菜炒めまでラードで作りたがる人なので、頑張って日々お肉を食べ続けたけれども、子供のころは「とんかつ」が出るとウンザリしたし、肉の脂身はどかして食べてたし、最近では「霜降り」ならば肉も魚も食べなくていいです、といった具合。
そして炭水化物はやはり偉大なんだなぁ。唾液でかなり分解できるから、消化液をそんなに出す必要がないし、ゆっくり食べて、よく噛みなさいというのも、体の負担を軽減することにつながる。近年、わたしは食事量が増えたんだけど、それを「健啖家への途」と勝手に理解して喜んでいた。体は音を上げていたということが心の底から納得できる。

珍しく風邪で胃がやられたから、そのついでに胆嚢になにかあったとしても不思議じゃない。
今後も、食事量ができめんに右わき腹の痛みにつながる気がするので、腹八分目のいいセンサーを手に入れたと思うようにしよう。そう思いながら世間の大食いを改めて見ると、あれ、眺めてるだけで吐きそう。
今さらながら病気はガンや糖尿、脳卒中だけにあらず。皆さんも気を付けて。胃の痛みだと思い込んで検査されないまま胆石の発作(激痛)で救急車に乗ったり、死亡したりする人は結構多いらしい。考えようによってはシアワセな人生かもしれないけど、食べ過ぎで死にたくない。

それにしても、胆石で無くてよかったとはいえ、時間とお金をいかに無駄にしたか。
入院や手術の準備も並行して行ったせいで病院へは何度も行き、手術前説明や入院前説明、麻酔医のヒアリングまですませたのに。。。麻酔医のおばさん、ほんとに感じ悪かった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オリジナル牛模様デザイン【職人による手染め】手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです
手ぬぐいはハンカチより大きいから、真夏でもいつもさっぱりした面で汗が拭けるし
長さ1メートルのロングサイズだから頭にも巻きやすい!
★アイロンも不要!
★ほつれは数回のお洗濯で止まります!
★お土産やプレゼントにもぜひどうぞ!
★学校行事や、調理室での三角巾替わりにも!
1枚 2,100円(送料/消費税別)
※購入枚数が多い方、金額ご相談に応じます。
※オリジナルデザインも作れます!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から