私が全幅の信頼を置くフードカメラマン、チーバ君の名言は、かつての撮影現場でこそっと現れた。
「イイジマさん。おいしいものは、ちゃんとおいしそうに映るんですよ。そして、まずいものはどんなに頑張ってもそれなりにしか映らないもんです」

うまいとかまずいとかは本来主観的なものだし、本人の好みも体調も関係するから、なかなか大っぴらにも言いにくいうえに理論的に考えだすとこの名言は全くつまらない。
けれどもこれ、あたってる。これはもう「そういうものだ」としか説明できないけれど、確率としてはそのとおりなのだ。
私もそれ以来、食品メーカーのレシピサイトはもちろん、ちょっとしたレシピ検索でも、もちろん見知らぬ普通の方のお料理でも(こちらの方が結果は顕著かも)、必ず最後は写真で選ぶようにしている。そして自分の写真がそこそこ不味そうなときは、嘘は付けないもんだと内心ため息をついている。(微妙な違いになってくると、こんどは写真を見る目が必要になるけど)

先日、おつけものの本を買って試した写真をアップしたけれど(塩もみ野菜あれこれ)、その後、大量に収獲できてしまう「腕のようなキュウリ」で同じく試したところ、われながら「なんとまぁ。」であった。取り切れなかったタネまでおいしそうに見える。
レシピは同じ、作ってる人間も同じ。なので遠慮なく違いを比べられるが、市販のきゅうりとではこうも違うものか。。アップした当時は我ながらおいしそうだと思っていたのに、、、。

ついでに友人のお母様にご協力いただき「持ち込みきゅうり」でぬか漬けにしてもらった。

これも畑で採れた40センチ超の、腕のような特大きゅうりをぬか漬けに


これは、タネもそのまま漬けちゃって、ドスンドスンと厚めの輪切りにしたもの。でもみずみずしくて、考え事をしながら食べていると気づかないぐらいのやさしい歯触り。泣けるほどうまかった。