働く女の、これからは

 

「女性は」とひとくくりで見解を述べた人が「年寄り」でくくられて不快だったらしい。痛快だと笑っていたら事態はどんどん進み、もしや東京オリンピック開催以上のレガシーになるかもしれないと期待が高まる。王道の議論は、表立って立派な人たちがおやりになるとして、働く女性がどう考えているかを書いてみたい。

 

働き始めて30余年、ここ日本で働いてきたすべての女性全員が「女性」を理由に理不尽な思いを経験してきている。聞いたわけじゃないが、間違いない。「なんだ女か」も「しょせん女だし」も「女だと相手が怒る」も「もっと女をアピールしろ」もぜんぶ、雨が降れば傘をさすように聞き流して歩き続けてきた。私は社会人2年目のとき、顧客の新社長から「飯島は俺の好みの女じゃないんだ。いや不細工だとまではいわないよ、俺も優しいからさ。でもおたくの○○(別の女性)に変えろや」と上司づてに聞かされた。仕事はうまく回っていたし、上司の偏見を恥ずかしく思った顧客の皆さんが懸命に反対してくれ担当にとどまれたが、このような経験は私だけじゃないし、たったひとつの出来事を恨みがましく蒸し返しているのでもない。女を相手にしなかった1990年代、煙たがられた2000年代、ちやほやと褒め殺しされた2010年代、これら30年間に日々あった不快感のうちの“たったひとつ”で、それらを一生懸命忘れてこられた人が「働く女性」として今の社会に残っている。

 

酒席に参加してお酌するのも、爺さんが喜ぶからという理由だけで呼ばれるのも、いちいち怒っていない。手を握られても太ももを撫でられても、その手をどかしてかわしてきた中で唯一の希望の光は「仕事の評価」だった。結果さえ出せば「女だから」の入る余地がないと考えて、そのために深夜まで働き、泥もかぶれば恩も売るし、シブい交渉も駆け引きもしてきた。おじさんを出し抜いて仕事を取り、恨みをかい逆襲されたこともある。「女もやるもんだなぁ」を聞き流して、わずかに聞こえてくる「男女を抜きにした客観的な評価」のみを選んで咀嚼し、決してぬか喜びせず、心の中にまで細心の注意を払ってきた。それでも尚あとから「女だから」と付け足されたときは「女だから評価された訳ではない」といちいち反論してきた。一点の曇りもなく正当に評価されたい、ただそれだけを渇望してきたと思う。

 

でもそうじゃない女性もかなりいた。女だからと差し出された下駄を喜んで履き、飲み会では積極的に女らしさを出し、誰でもいいと回ってきた枠に喜んでエントリーする人。「女同士だから」と同意を求め、勝手に「同じ立場」に引きずり込み、あの人は特別だからと他人の評価に勝手に下駄をはかせる人。こういう女性は嫌いで距離を置いてきたし、同じ気持ちの女性も多いと思う。そもそも「正当な評価」というのは難しい。冷静で、人間の機微に聡く、私欲に引きずられない大人が運用してこそ実現するもの。しかしここ近年の日本はどうだ。感情的で欲深く、人の気持ちがわからない人が立場を濫用し社会が混乱している。2020年代は立ち回りが上手いだけの女性が登板する「女性活用」に逆戻りしないことを心から願っている。

 

このコラムは・・・

いまは年代によって直面している現実がまるで違う、大変な時代。この現実を乗り越えようと頑張って働く皆さまへ。
ちょっとやわらかくすれば飲みこみやすくなるかもね、という気持ちを込めて書いてます。誰かの、何かの、お役に立てれば。

コラム一覧にもどる
アイデアパンチって?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オリジナル牛模様デザイン【職人による手染め】手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです
手ぬぐいはハンカチより大きいから、真夏でもいつもさっぱりした面で汗が拭けるし
長さ1メートルのロングサイズだから頭にも巻きやすい!
★アイロンも不要!
★ほつれは数回のお洗濯で止まります!
★お土産やプレゼントにもぜひどうぞ!
★学校行事や、調理室での三角巾替わりにも!
1枚 2,100円(送料/消費税別)
※購入枚数が多い方、金額ご相談に応じます。
※オリジナルデザインも作れます!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から