話し下手なのは、どうしてか

 

今では、話さないことには仕事が始まらないぐらいだけれど、若い時は「人前で話すこと」が苦手のひとつだった。転勤で上京したばかりの1998年ごろ、上司の手伝いである大手OSの新製品パンフレットコンペのデザインディレクションを引き受けた。そのプレゼンの場で緊張のあまり、話すべき内容が全て吹っ飛んだ苦い経験がある。

 

プレゼンが始まるやいなや、上司がとつぜん「では、ご説明はうちの飯島から」と言い出した。いい見せ場になるし好きにやらせてあげよう、という営業職らしい親切心だったが、補足説明ぐらいしか想定していなかった私はあきらかに準備不足で、え?ヤバい!と思った瞬間に頭の中が真っ白になった。白くなった瞬間を今でも覚えている。「えーっと・・・」静まり返った場の中で、いつまでたってもまったく言葉が出てこない。デジタル用語辞典を片手に分厚いホワイトペーパーを読み込み、社内でけんけんがくがくと3週間もやったのに、自分はどうしてこれを作ったのかすら言えなかった。焦った上司が横から助け舟を出したが既に遅しで、ぽつりぽつりとしか言葉にならず、まるで説明にならなかった。

 

仕事において人に何かを伝えることはどんな場面でも欠かせない。しかし「話す」というのは手段で、肝心なのはその「内容」である。内容を理解していないと話せるはずもなく、だからこそ「自分は話すのが下手だから苦手」という人は「何を話すべきかを理解できていないことが多い」ともいえる。業務で話すことというのは、組織の意向とか、物事への解釈や確認などがほとんどで、ザックリいうと「代弁」みたいなもの。だから事象の整理というインプットをしておかないと話に転嫁できない。しかも言葉というのは体の中を通って出てくるので、たとえ内容が不正確でも本人がそれに気づかなければ「正しいこと」に聞こえがちで、つっかえるのは話下手だから、と思ってしまう。でも、決してそうではないし、むしろペラペラ喋るやつはうさん臭いとすら思う。自分で考えて決めたことを自分の意志で話すのはそう難しくない。私の当時の失敗も、製作物の細かい作りこみに気を取られてプラン全体を咀嚼しないまま終わった気になったから、だと思っている。

 

では内容の理解はどうするのか?これが肝心で、周囲の、特に先輩の力が必要だ。部下がいつまでもトンチンカンで困る、とぼやく人ほどけっこうな確率で説明も足りていない。いま、仕事に入る前に事前に話しができている組織はどのくらいあるだろうか。いきなり「さあやってみろ」は難しいケースも多い。ましてや、メールやチャットが完全に主流になり、会話がさらに簡素化されている。業務は細分化され、職場と雇用主が別というのも珍しくなく、仕事の全体像も見えにくい。自分の仕事を根本的に理解しないまま働く人も増えた。だからこそ「理解するために必要なことを聞く」ことを丁寧にやる習慣は重要だ。仕事のスキルを積み上げる前の土台部分、まずは「話せる」ように人を育てなくては。

 

このコラムは・・・

いまは年代によって直面している現実がまるで違う、大変な時代。この現実を乗り越えようと頑張って働く皆さまへ。
ちょっとやわらかくすれば飲みこみやすくなるかもね、という気持ちを込めて書いてます。誰かの、何かの、お役に立てれば。

コラム一覧にもどる
アイデアパンチって?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オリジナル牛模様デザイン【職人による手染め】手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです
手ぬぐいはハンカチより大きいから、真夏でもいつもさっぱりした面で汗が拭けるし
長さ1メートルのロングサイズだから頭にも巻きやすい!
★アイロンも不要!
★ほつれは数回のお洗濯で止まります!
★お土産やプレゼントにもぜひどうぞ!
★学校行事や、調理室での三角巾替わりにも!
1枚 2,100円(送料/消費税別)
※購入枚数が多い方、金額ご相談に応じます。
※オリジナルデザインも作れます!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から