いつでも、自分で決めていい

 

2000年代前半の企業のweb担当といえば、ほぼ「左遷されたおじさん」か「優秀でやる気もあるが使いにくい総合職の女性」のどちらかだった。仕事の采配をする立場にいる人からみれば、使いにくい人材と、さほど必要性を感じない仕事は相性が良かったのか、大手企業ほどその傾向は強かった。

 

私がまだ会社員だったとき、ある取引先の担当者に小林さんがいた。知識もあり頭もよく、理系頭の頑固なおじさんだったが、そこに会議の場でこれみよがしに叱責する、心をへし折る天才のおじさん上司もいて、心を折られた小林さんはホームページの担当だった。前任のおじさんがその天才クラッシャーの被害を受け休職するため、休職から復帰してきたのが小林さんだった。
小林さんは月に一度の会議でアクセス集計をまとめ所見を述べるのが役務だったけれど、数値が動く意味がわからないので、製作会社として私が下打ち合わせに毎月出向いていた。小林さんは外部の人と話すこの時間をとても楽しみにしていて、毎回3~ 4時間はかかった。書類やファイルを毎回どっさり持ってくるけれど、会議室を占拠するためのポーズだと笑っていた。私のレクチャーは最後の10分程度で終始聞き役、なぜ油は分離するのか、といったとりとめの無い話がいちいち面白かった。頭のいい人は説明もうまく、話が脱線してもちゃんと戻ってくることを知ったし、私がどんなバカなことを聞いても「いい質問だ」と褒めてから教えてくれた。4時間も商談モードでいると頷きすぎて首が痛くなるので、自然と友達との会話のような受け答えになり、この楽しい「会議」は1年ぐらい続いたと思う。

 

私が在籍していた当時の会社は変わっていて、私より年上で在社歴も長い、先輩だけれど外注先という男性がいた。webの営業だった私とは同じチームになることが多く、ある日会議室に呼び出され、いかに自分の思惑通りに仕事が進まないかを話し始め「あんたのせいで俺の仕事はめちゃくちゃなんだよ!」と怒鳴られた。その男性に仕事を丸投げして売上額を稼いでいた私の上司は、バブル時代に札ビラをきって遊んだ話が大好きなつまらない人で「彼の機嫌を損ねてはいけない。彼のおかげでwebの仕事がまわっているのだから」と私を窘め、我慢しなさいというので退職の道を選んだ。起業して落ち着いたころ小林さんの訃報が入った。前任者が復帰し担当業務がなくなり、休職し、そのまま自らの道を閉ざしたようで、小林さんへの枕花が創業初の社名札となってしまった。

 

その10回程度の「会議」から20年近く経った。人は必ず誰かの心にちょっとずつ残っている。自分に残っているように、これを読んでいるあなたも間違いなく誰かの心にいる。そのことがどのような価値を持つかは自分の力量次第であって、その力量は人と接さないと磨いていけない。難しいけど「人を信じる」というのはこういうことなんじゃないかと思う。

 

このコラムは・・・

いまは年代によって直面している現実がまるで違う、大変な時代。この現実を乗り越えようと頑張って働く皆さまへ。
ちょっとやわらかくすれば飲みこみやすくなるかもね、という気持ちを込めて書いてます。誰かの、何かの、お役に立てれば。

コラム一覧にもどる
アイデアパンチって?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オリジナル牛模様デザイン【職人による手染め】手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです
手ぬぐいはハンカチより大きいから、真夏でもいつもさっぱりした面で汗が拭けるし
長さ1メートルのロングサイズだから頭にも巻きやすい!
★アイロンも不要!
★ほつれは数回のお洗濯で止まります!
★お土産やプレゼントにもぜひどうぞ!
★学校行事や、調理室での三角巾替わりにも!
1枚 2,100円(送料/消費税別)
※購入枚数が多い方、金額ご相談に応じます。
※オリジナルデザインも作れます!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から