10年前あたりは日常のあれやこれやがスマホで見られるようになって楽しかったけど、いいかげん飽きてきた。片手にあまる大きさになっても読むには小さいし、毎日うつむいて首も肩も凝る。
ネイルもメイクにも全くスキのない素敵な女性なのに、電車で座席に着いてスマホに集中のあまり、眉間にふかーいシワを刻み、膝がゆるく開き、足を前に投げ出す、、姿も日常的に見かけるようになった。キメてる人ほどみっともない。恋が冷めるってこういう瞬間、と思う。

やはり新聞くらいは紙にしよう。
乱視×近視+老眼ブレンドの目に、紙はやさしい。

事務所を移転してみたらポストが小さい。
近年の日本は月曜祝日が多いから3日も事務所へ行かないと溜まって入らなくなりそうだ。私は「朝刊のみ/チラシ不要」だけれど、それでもギリギリな感じ。
いつの間にか駅の売店は無いし、コンビニもすぐ売り切れてしまい、外で新聞を買うのは大変な時代。考えあぐねて販売店に電話したところ、今はなんと週末分だけ月曜にまとめて届けてくれたりするらしい。
しかも、ポストじゃなく玄関のドアノブにひっかけてくれる宅配方法もOK。また、普段はポストに入れてほしいけど、週末を挟んだ月曜だけ3日分をドアノブに、もOK。
年末やGWなどの長期不在も後日まとめて届けてくれます。戸別にこのサービスとは、頭が下がります。スマホそろそろウザいと思うかた、ぜひ検討してみてはいかがでしょう。

新聞は、読んだ後も使えるしね。
友人へ定期的に塩麹を作って送るので、隙間を埋める緩衝材に使ってます。逆にふだんは読めない地方紙が入ってるとうれしい。葉付きのかぶなどの野菜は、新聞でくるんで冷蔵庫に入れると長持ち。収穫した野菜も生きてるからね。魚を三枚におろすときまな板の上に敷けば、食べない頭やワタなどもくるんで棄てられる。濡れてる生ごみを棄てる時のツナギに入れるとか。飼い猫が「ゲー」するときに居合わせたら、サッと受け皿に差し出すとか。

かくして私は日経デジタルと、紙の東京新聞のゴールデンコンビです。

しかし戸別配達にそこまで細やかに対応できるなら、立派なスモールインフラですよね。もっと活用できないものかしら。紙だけに、かわりに紙パックや使い終えた電池を回収しますとか。ティッシュを定期的に配達しますとかね。
ご近所付き合いが希薄ないまは、困ったときに助けてくれるかもしれませんよね。例えばホラ、トイレットペーパーが買えなかったときとか。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オリジナル牛模様デザイン【職人による手染め】手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです
手ぬぐいはハンカチより大きいから、真夏でもいつもさっぱりした面で汗が拭けるし
長さ1メートルのロングサイズだから頭にも巻きやすい!
★アイロンも不要!
★ほつれは数回のお洗濯で止まります!
★お土産やプレゼントにもぜひどうぞ!
★学校行事や、調理室での三角巾替わりにも!
1枚 2,100円(送料/消費税別)
※購入枚数が多い方、金額ご相談に応じます。
※オリジナルデザインも作れます!

この記事が気に入ったら
ほかのもぜひ読んでね

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

過去の投稿から